ロータス、2ペダルモデルの拡充を宣言【東京モーターショー2011】

2011.12.01 自動車ニュース

【東京モーターショー2011】ロータス、2ペダルモデルの拡充を宣言

英国ロータス・カーズの正規輸入代理店エルシーアイは、2011年11月30日に開幕した東京モーターショーに日本初公開モデル3台を出展した。

■「エリーゼ」に待望の2ペダル仕様

ロータスは輸入車の中では数少ない、前回の東京モーターショーを欠席しなかったブランドである。そのため2年前は、休日を除けば閑散とした会場内で、注目を集める場所のひとつになっていた。しかし今回はそれとは違う意味で、注目すべきブランドのひとつとなりそうだ。

プレスカンファレンスはまず、これまで3000台のロータスを販売してきた輸入元のエルシーアイ専務取締役、川村賢司氏のスピーチから始まった。

川村氏は、昨年のパリ・モーターショーに出展した5台のコンセプトカーが象徴するように、ロータスは今、変わりつつあることを表明。日本市場でもそれに合わせた転換を図っていきたいと語った。

具体的には、オートマチックトランスミッションの導入である。これまで販売されてきたロータスはほとんど3ペダルMTだったが、今回展示された3台のうち2台は2ペダルなのだ。

このうち「エヴォーラS IPS」は、すでにスタンダードの「エヴォーラ」に搭載されているトルコン式6段ATを、高性能版の「エヴォーラS」と組み合わせたもの。もう1台はなんと「エリーゼ」の2ペダル車だった。

「エリーゼSPS」と呼ばれるこちらは、トルコン式よりもエリーゼにふさわしいと思われるロボタイズドMTを採用している。セレクターはレバーではなくボタン式。展示車は「クラブレーサー」仕様だったが、ノーマル仕様との組み合わせも選べるそうだ。

残りの1台、唯一の3ペダルである「エリーゼS」は、名前で想像できるように高性能版エリーゼだ。スーパーチャージド1.8リッターエンジンを搭載した、従来の「エリーゼSC」に代わるモデルで、最高出力220ps、最大トルク25.5kgmを発生する。3台ともに参考出品扱いだが、いずれも来年には市販を開始したいとのことだ。

続いて英国ロータス・カーズのゼネラルマネジャーを務めるクリストファー・ニコル氏がマイクの前に立った。ニコル氏は、先日富士スピードウェイで行われた「ジャパン・ロータスデー」に参加し、わが国のロータス熱の熱さをあらためて感じたそうだ。

もちろん2ペダル比率が驚異的に高い国であることも把握しており、今回出展したエリーゼSPSは、日本からの要望が実現の原動力になったというエピソードを明かしてくれた。

今後の展開については、昨年のパリショーで展示されたコンセプトカーのうち、新型「エスプリ」については2013年にデビューするとのこと。さらには社内のインフラを改革するなど、プロダクト以外の面でも「New Era(新世代)」への転換を図っていきたい、と語った。

(文と写真=森口将之)


ロータス、2ペダルモデルの拡充を宣言【東京モーターショー2011】の画像
英ロータス・カーズのゼネラルマネジャー、クリストファー・ニコル氏。
英ロータス・カーズのゼネラルマネジャー、クリストファー・ニコル氏。
「エヴォーラ」の高性能モデル「S」にもオートマチック車の「エヴォーラS IPS」が登場。
「エヴォーラ」の高性能モデル「S」にもオートマチック車の「エヴォーラS IPS」が登場。
「エリーゼSPS」
「エリーゼSPS」
「エリーゼSPS」のインテリア。
「エリーゼSPS」のインテリア。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エヴォーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る