ランドローバー・レンジローバー イヴォーク プレステージ(4WD/9AT)/レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)

ヨンクの楽しさを教えてくれる 2015.03.17 試乗記 レンジローバーの走破性の高さは誰もが知るところ。では舞台をオフロードからスノーロードに変えたらどうなる? 「レンジローバー」と「レンジローバー イヴォーク」のヨンク(四駆)2台で、山ありモーグルあり(!)一般道ありのスノードライブに出掛けた。

抜群のスタビリティー制御

正直言って、試乗に割り当てられたクルマがシリーズで一番元気そうな「レンジローバー スポーツ」ではなく、“おしゃれ番長”のイヴォークだと知ったときにはガックリきた(失礼!)。確かにイヴォークは、そつなく走る。しかし、レンジローバーとしての風格があるかといえば、明らかにカジュアルだし、雪道ではオンデマンド式4WDのレスポンスも、フルタイム4WDにはかなうまい。そう思っていたのだ。

だが、その浅はかな考えは完全に覆された。何がいいってこのイヴォーク、スタビリティーの電子制御が抜群なのである。

試乗会場には特設ステージが用意されており、筆者はまずそこでS字スラロームとモーグル(でこぼこ道)、急斜面のヒルクライムとダウンヒルを体験した。どれもクロカン4WDにとってはお約束のメニューだが、特に感動的だったのはS字スラロームである。

走行シーンに応じて駆動力を最適化するテレイン・レスポンスは「オンロード」を選択。スタビリティーコントロールはオフ。シリーズ中で最も重心が低く、車重が軽いイヴォークは、時にリアを滑らせながらも、軽快なステップでスラロームをクリアしていく。

4WDシステムはオンデマンド式だが、その補正は雪上でとても素早い。後輪が滑るか滑らないかという微妙な状況で、じわりと駆動を与えて横滑りを防いでくれるし、積極的に踏んでいけば、トラクションを掛け続けながらニュートラルステアを維持するのもたやすい。だが筆者が本当に驚いたのは、スタビリティーシステムをオンにしたときの挙動だった。

試乗の舞台は長野県の志賀高原。特設コースのほか、圧雪路を中心とした一般道で試乗した。試乗車は「レンジローバー イヴォーク」の中間的グレードである「プレステージ」。
試乗の舞台は長野県の志賀高原。特設コースのほか、圧雪路を中心とした一般道で試乗した。試乗車は「レンジローバー イヴォーク」の中間的グレードである「プレステージ」。
「プレステージ」グレードにはオックスフォード・レザーシートが標準装備となる。試乗車の内装色はエスプレッソ/アイボリー。
「プレステージ」グレードにはオックスフォード・レザーシートが標準装備となる。試乗車の内装色はエスプレッソ/アイボリー。
9段ATの“ロータリーセレクター”の手前に、テレイン・レスポンスのスイッチが備わる。
9段ATの“ロータリーセレクター”の手前に、テレイン・レスポンスのスイッチが備わる。

 

レンジローバー雪上試乗会【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る