三菱の軽ワンボックスがフルモデルチェンジ

2015.03.10 自動車ニュース
「三菱ミニキャブ バンM」
「三菱ミニキャブ バンM」
    拡大

三菱の軽ワンボックスがフルモデルチェンジ

三菱自動車は、軽商用車「ミニキャブ バン」と軽乗用車「タウンボックス」をフルモデルチェンジし、2015年3月20日に発売する。

「三菱タウンボックスGスペシャル」
「三菱タウンボックスGスペシャル」
    拡大

新型のミニキャブ バンおよびタウンボックスは、三菱がスズキからOEM供給を受けるワンボックスタイプの軽自動車。前者は「エブリイ」、後者は「エブリイワゴン」の姉妹モデルにあたる。

クラストップとうたわれる荷室長、荷室幅、荷室高や、ロボタイズドMTの「5AMT」の採用、JC08モードで20.2km/リッター(ミニキャブ バンMのFR/5AMT仕様)という燃費性能など、その特徴はいずれもベース車に準じたもので、自動緊急ブレーキを含む予防安全装備「e-Assist」も用意されている。

価格はミニキャブ バンが93万9600円~150万2280円、タウンボックスが160万9200円~181万4400円。

(webCG)
 

関連キーワード:
タウンボックス三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルが「サンバーバン」と「ディアスワゴン」を一部改良 2017.11.14 自動車ニュース スバルは2017年11月13日、軽キャブバンの「サンバーバン」および「ディアスワゴン」に一部改良を実施し、販売を開始した。両車はスバルがダイハツ工業からOEM供給を受けて販売するモデルであり、今回の改良では安全装備の強化などが行われた。
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」を発売 2018.7.5 自動車ニュース 4代目となる新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」が登場。ラダーフレームと前後リジッドアクスル、副変速機付きパートタイム4WDが織り成す強力なオフロード性能はそのままに、より悪路を安心して走れる新機能や、予防安全装備なども採用されている。
  • ホンダ、原付二種の新型車「スーパーカブC125」を発表 2018.6.28 自動車ニュース ホンダが新型の原付二種モデル「スーパーカブC125」を発表。124ccのエンジンを搭載したスーパーカブシリーズの新モデルで、メッキ装飾や切削加工仕上げのホイールなどを用いた上質なデザインや、スマートキーをはじめとした充実した装備も特徴となっている。
  • 15代目となる新型「トヨタ・クラウン」がデビュー 2018.6.26 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年6月26日、フルモデルチェンジした新型「クラウン」を発売した。従来の「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」といったモデル体系は廃止。2リッターターボ車と、2.5と3.5のハイブリッド車がラインナップされている。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
ホームへ戻る