マクラーレンが限定モデル「675LT」を発表【ジュネーブショー2015】

2015.03.10 自動車ニュース
「マクラーレン675LT」
「マクラーレン675LT」

【ジュネーブショー2015】マクラーレンが限定モデル「675LT」を発表

英マクラーレンは第85回ジュネーブショー(開催期間:2015年3月3日~15日)において、500台の限定モデル「675LT」を世界初公開。価格や仕様などの詳細を発表した。

■販売台数は500台、2015年7月の納車開始を予定

675LTは、「650S」や「625C」(アジア市場専用車。日本未導入)などの上位に位置する高性能モデルである。車名の「LT」は1997年に登場した「マクラーレンF1」の高性能モデル「F1 GTRロングテール」から命名されている。

開発にあたっては徹底した軽量化とエアロダイナミクスの最適化、エンジンの出力向上、サーキット志向のダイナミクス、ドライバーとの一体感を目標とし、650Sから全体の3分1の部品を変更したという。具体的には、スタビリティーとハンドリングを改善するため、フロントとリアのトレッドを20mm拡大。サスペンションには前後とも軽量スプリングを採用しており、フロントは27%、リアは63%、スプリングレートが高めた。

またボディー各部の形状の変更と、「アクティブ“ロングテール”エアブレーキ」をはじめとしたエアロパーツの装着により、ダウンフォースを40%向上。軽量化も徹底しており、100kg以上の重量削減により、乾燥重量を1230kgに抑えている。

3.8リッターV8ツインターボエンジンについても、50%以上のパーツを変更することで、パワーとトルク、ドライバビリティーを改善。新たに「M838TL」というコードネームが与えられた同エンジンの最高出力は675psとなっている。

さらに、スロットルレスポンスやギアチェンジなどの制御も最適化。これらの改良により、675LTは0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒、最高速330km/hという動力性能を実現したという。

価格は25万9500ポンド(約4800万円、1ポンド=185円で換算)。納車開始は2015年7月を予定している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。