日産フーガハイブリッド(FR/7AT)

運転席も後席も魅力的 2015.03.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。

カッコよくなった!

2代目フーガのデビューは2009年11月のことだから、6年目のモデルチェンジということになる。しかし、今回はフルモデルチェンジではなくビッグマイナーチェンジ。写真を見るかぎりはずいぶん雰囲気が変わったようだが、実物はどうだろう?

実際に新しいフーガを目の当たりにした印象は、「カッコよくなった!」。精悍(せいかん)になったフロントマスク、特に、キリッとしたデザインのLEDヘッドランプやメッシュタイプのラジエーターグリルが効いているのだろう。リアコンビネーションランプも、ドットが目立つLEDから帯状に太く光るデザインに変更されて、今風になった。

試乗中にマイナーチェンジ前のフーガに何度か出くわしたが、あらためて眺めると5年の月日を感じさせられるし、プレミアムセダンとしてはやや印象が弱く思えたのも事実だ。そういう意味では、このエクステリアの進化はなかなか効果的だと思う。

ただ、これはこれで心配なことがある。弟分の「スカイライン」と見間違えてしまいそうなのだ。日産の人に言わせると、「スカイラインは低いノーズがスポーティーで、フーガは厚みのあるフードがラグジュアリーな印象を与える」ということで、差別化しているそうだが、街ですれ違ったときに瞬時に言い当てられる自信はない。

そのうえ、このフーガにはスカイライン同様、「インフィニティ」のエンブレムがラジエーターグリルに輝いているから区別がつきにくい。

今回のマイナーチェンジでは、ヘッドライトの形状が変更され、フロントグリルのバッジがインフィニティのものとなった。
今回のマイナーチェンジでは、ヘッドライトの形状が変更され、フロントグリルのバッジがインフィニティのものとなった。
リアまわりでは、トランクリッドとバンパーのデザインが見直されたほか、テールライトの形状も変更されている。
リアまわりでは、トランクリッドとバンパーのデザインが見直されたほか、テールライトの形状も変更されている。
インテリアのデザインは、従来型から大きな変更はない。
インテリアのデザインは、従来型から大きな変更はない。
ショックアブソーバー内部の形状を変更することで、小刻みな振動やうねりのある路面での上下ショックを軽減させたという。
ショックアブソーバー内部の形状を変更することで、小刻みな振動やうねりのある路面での上下ショックを軽減させたという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る