ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)

あくまでもドライバーズカー 2015.03.16 試乗記 2年半の時を経て、「ホンダ・レジェンド」がいよいよ復活。先進のハイブリッド4WDシステムを携えた、ホンダのフラッグシップセダンの走りを試す。

4輪で発電し、4輪を駆動する

「アキュラRLXスポーツハイブリッドSH-AWD」の日本版が新型レジェンドである。北米市場にアキュラRLXが投入されたのは2013年3月。スポーツハイブリッドの追加は2014年9月。日本市場はハイブリッドのみ、という方針は「アコード」と同じである。

いまやハイブリッドと聞いて驚く時代ではないが、新型レジェンドのそれは刮目(かつもく)に値する。直噴3.5リッターV6にモーター(35kW)内蔵の7段デュアルクラッチ変速機を組み合わせて前輪を駆動する一方、後輪をモーター(27kW)2基で左右それぞれ別個に駆動する。そのTMU(ツイン・モーター・ユニット)とフロントのハイブリッドユニットを統合制御するのが、新型レジェンドのハイライト、「スポーツハイブリッドSH-AWD」である。先代レジェンドの目玉だったSH-AWDの進化形だ。

エコ性能に着目すると、これにより4輪でエネルギー回生ができるようになった。“走り”に関していえば、SH-AWDが狙うオン・ザ・レールの旋回性能がますます深化したという。試乗前の技術説明会では、チーフエンジニア自ら「かつてだれも経験したことのないクルマとの一体感が味わえる」と述べ、期待を盛り上げた。

試乗会のスタート地点は北九州空港。関門海峡を越えて山口県の秋吉台まで走り、門司へ引き返すという200kmのテストドライブだった。

2014年11月に発表され、2015年2月に発売された新型「レジェンド」。2013年に北米で発売されたアキュラの最上級セダン「RLX」の姉妹モデルにあたる。
2014年11月に発表され、2015年2月に発売された新型「レジェンド」。2013年に北米で発売されたアキュラの最上級セダン「RLX」の姉妹モデルにあたる。
新型「レジェンド」のインパネまわり。インフォテインメントシステムの操作は、中段のタッチスクリーンで行う。
新型「レジェンド」のインパネまわり。インフォテインメントシステムの操作は、中段のタッチスクリーンで行う。
北米仕様の「アキュラRLX」にはガソリン車の設定もあるが、日本仕様の「レジェンド」はハイブリッド車のみとなる。
北米仕様の「アキュラRLX」にはガソリン車の設定もあるが、日本仕様の「レジェンド」はハイブリッド車のみとなる。
試乗コースのスタート地点である北九州空港の駐車場に並ぶ新型「レジェンド」。ボディーカラーは全6色が用意される。
試乗コースのスタート地点である北九州空港の駐車場に並ぶ新型「レジェンド」。ボディーカラーは全6色が用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る