第389回:大矢アキオのジュネーブショー2015 デザインの都よ永遠に! カロッツェリア最新事情

2015.03.13 エッセイ

電動アシスト自転車から高層住宅まで

ジュネーブモーターショーは、歴史的にイタリア・トリノのカロッツェリアがモンブランを越えて最新作を持ち寄り、競い合う舞台だった。過去数年間にわたり怒涛(どとう)の再編を乗り越えた彼らが、今年2015年にジュネーブで展開するスタンドをのぞいてみた。

まずは創業85周年を迎えたピニンファリーナである。同社は2013年のジュネーブで公開したコンセプトカー「セルジオ」をベースにしたプロダクションモデル「フェラーリ・セルジオ」を展示した。多くの読者がご存じと思うが、「Sergio」とは、2012年にこの世を去った2代目社主、セルジオ・ピニンファリーナにちなんだものである。

プロダクションモデルは限定6台で、「フェラーリ458スパイダー」をベースにしている。コンセプト段階で提案されていた、気流を巧みに制御する代わりにフロントウィンドウを取り去る案や、ドア背後のエアインテークは実現されなかった。だが全体的には、ピニンファリーナらしい上品かつ流麗なオリジナルモデルのプロポーションが保たれている。 

最初の一台は、ショー開幕前の2014年12月に、早くもアラブ首長国連邦のロイヤルコレクションに納入された。パオロ・ピニンファリーナCEOは「父へのオマージュとして企画されたクルマが形となり、世界の道を走り始めることは、夢の実現です」と語る。
ピニンファリーナは、今後フォーリ・セリエ(一品もしくは少数生産)の強化を明らかにしている。

同社の展示は自動車だけにとどまらなかった。スタンドの一角には、ミラノの高級サイクル工房「43ミラノ」とのコラボレーションで、30台限定で製作する自転車も展示されていた。往年のピニンファリーナ作品である1936年「ランチア・アストゥラ ボッカ」の内装にインスピレーションを得たというレザー使いをサドルに再現して、伝統を強調している。
価格はベースモデルの場合6000ユーロ(約77万8000円)だが、電動アシストや多彩なオプションを選択した場合、9000ユーロ(約116万円)にまで上昇する。

さらにビルの模型も展示されていた。こちらは、ピニンファリーナが外装を手がけたサンパウロの高層住宅だ。近年ピニンファリーナがデザインに参画したレジデンスビルとしてはマイアミ、シンガポールに続くものとなる。「建築界のフォーリ・セリエ」と、ピニンファリーナは説明する。

ピニンファリーナが展示した「フェラーリ・セルジオ」。6台が限定生産される。
「フェラーリ・セルジオ」は、ピニンファリーナの85周年の記念作であると同時に、フェラーリとの60年にわたるコラボレーションの里程標でもある。
パオロ・ピニンファリーナCEO(写真右)と、デザイン担当副社長のファビオ・フィリッピーニ氏(同左)。
ピニンファリーナと、テーラーメイド自転車工房「43ミラノ」による、30台限定生産のバイシクル。
ピニンファリーナが外装デザインを手がけたブラジル・サンパウロの高層レジデンス。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。