マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)/BMW 320dツーリング スポーツ(FR/8AT)

走りに対する2つのアプローチ 2015.03.13 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けて、より上質に磨き込まれた「マツダ・アテンザ」。しかし安穏とはしていられない。なぜならそこには強敵であるヨーロッパのプレミアムカーが立ちはだかっているからだ。例えば、走りへのこだわり。この点にかけては人後に落ちない「BMW 3シリーズ」と対面したときに、アテンザは一体どれだけ独自の個性を主張できるのだろうか。比較テストを試みた。

もはや“マイナーチェンジ”とは呼べない

自動車専門サイトやクルマ専門誌のみならず、テレビや経済誌、一般誌でマツダの名前を見かける機会が増えてきた。それだけ勢いがあるということだ。
独自の技術で個性あふれるクルマを作り、その結果が業績につながっている。ちなみに3月の決算では、2年連続で過去最高益を更新することが確実視されている。野球選手にたとえれば、「ボールが止まって見える」ぐらいの好調さだろう。

その勢いは、アテンザのマイナーチェンジにも表れている。全然マイナーではない、大幅な改良を施しているのだ。では、実際に乗ってみるとどうなのか。2.2リッターのディーゼル直噴ターボエンジンを搭載する、「アテンザワゴンXD Lパッケージ」で確認してみたい。
アテンザの特徴を浮き彫りにすべく、同じくディーゼルエンジンを搭載するステーションワゴン「BMW 320dツーリング スポーツ」を一緒に連れ出した。

外観は、パッと見た瞬間にカッコよくなったという印象を受ける。じっくり細部までのぞき込むと、「カッコよさ」のために手の込んだ作業が施されていることがわかる。
例えば、フロントグリル下端からヘッドランプ上部に抜ける「シグネチャーウイング」と名付けられたクロムモールがより立体的な造形となり、さらに上級グレードの「Lパッケージ」にはLEDのイルミネーションが埋め込まれた。また、フロントグリル内部のフィンが水平基調を強めたデザインに改められ、バンパーの形状も変えられている。結果、彫りの深い、精悍(せいかん)な顔つきになっている。

さらに驚くのはインテリアで、ダッシュボードの意匠が変わるなどフルモデルチェンジ級の変更を受けた。ひとことで言えば、すっきりモダンにまとまっている。
見た目に統一感が出ただけでなく、ダッシュボード上に独立し、少し高い位置に移動したセンターディスプレイが見やすくなるなど、機能面でも使いやすくなっている。
と、見た目の変更点を確認してから、箱根方面に向けて出発する。

今回はディーゼルエンジンを搭載するワゴンというテーマで2台をそろえた。「アテンザワゴン」は装備が充実した最上級グレード「XD Lパッケージ」。対する「BMW 320dツーリング」は、スポーティーに装った内外装が特徴の「スポーツ」仕様を連れ出した。
今回はディーゼルエンジンを搭載するワゴンというテーマで2台をそろえた。「アテンザワゴン」は装備が充実した最上級グレード「XD Lパッケージ」。対する「BMW 320dツーリング」は、スポーティーに装った内外装が特徴の「スポーツ」仕様を連れ出した。
「アテンザ」の内装は2014年11月のマイナーチェンジで大幅に改良された。インパネが高さを抑えた新デザインとなり、センターコンソールは電動パーキングブレーキの採用に伴いすっきりとしたものとなった。「マツダ モノ造り革新」の土台となる「一括企画」(5~10年のスパンで今後どのような商品や技術が必要になるかを予測する)があればこそ、こうした大規模かつ時宜を得た改良が可能になるわけだ。
「アテンザ」の内装は2014年11月のマイナーチェンジで大幅に改良された。インパネが高さを抑えた新デザインとなり、センターコンソールは電動パーキングブレーキの採用に伴いすっきりとしたものとなった。「マツダ モノ造り革新」の土台となる「一括企画」(5~10年のスパンで今後どのような商品や技術が必要になるかを予測する)があればこそ、こうした大規模かつ時宜を得た改良が可能になるわけだ。
「アテンザ」の2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは175psと42.8kgmを発生する。JC08モード燃費は19.6km/リッター。
「アテンザ」の2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは175psと42.8kgmを発生する。JC08モード燃費は19.6km/リッター。
「アテンザワゴン」のボディーの外寸は全長4805×全幅1840×全高1480mm。「320dツーリング」より順に180×40×20mm大きい。
「アテンザワゴン」のボディーの外寸は全長4805×全幅1840×全高1480mm。「320dツーリング」より順に180×40×20mm大きい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)/BMW 320dツーリング スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けて、より上質に磨き込まれた「マツダ・アテンザ」。しかし安穏とはしていられない。なぜならそこには強敵であるヨーロッパのプレミアムカーが立ちはだかっているからだ。例えば、走りへのこだわり。この点にかけては人後に落ちない「BMW 3シリーズ」と対面したときに、アテンザは一体どれだけ独自の個性を主張できるのだろうか。比較テストを試みた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
ホームへ戻る