マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)/BMW 320dツーリング スポーツ(FR/8AT)

走りに対する2つのアプローチ 2015.03.13 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けて、より上質に磨き込まれた「マツダ・アテンザ」。しかし安穏とはしていられない。なぜならそこには強敵であるヨーロッパのプレミアムカーが立ちはだかっているからだ。例えば、走りへのこだわり。この点にかけては人後に落ちない「BMW 3シリーズ」と対面したときに、アテンザは一体どれだけ独自の個性を主張できるのだろうか。比較テストを試みた。

もはや“マイナーチェンジ”とは呼べない

自動車専門サイトやクルマ専門誌のみならず、テレビや経済誌、一般誌でマツダの名前を見かける機会が増えてきた。それだけ勢いがあるということだ。
独自の技術で個性あふれるクルマを作り、その結果が業績につながっている。ちなみに3月の決算では、2年連続で過去最高益を更新することが確実視されている。野球選手にたとえれば、「ボールが止まって見える」ぐらいの好調さだろう。

その勢いは、アテンザのマイナーチェンジにも表れている。全然マイナーではない、大幅な改良を施しているのだ。では、実際に乗ってみるとどうなのか。2.2リッターのディーゼル直噴ターボエンジンを搭載する、「アテンザワゴンXD Lパッケージ」で確認してみたい。
アテンザの特徴を浮き彫りにすべく、同じくディーゼルエンジンを搭載するステーションワゴン「BMW 320dツーリング スポーツ」を一緒に連れ出した。

外観は、パッと見た瞬間にカッコよくなったという印象を受ける。じっくり細部までのぞき込むと、「カッコよさ」のために手の込んだ作業が施されていることがわかる。
例えば、フロントグリル下端からヘッドランプ上部に抜ける「シグネチャーウイング」と名付けられたクロムモールがより立体的な造形となり、さらに上級グレードの「Lパッケージ」にはLEDのイルミネーションが埋め込まれた。また、フロントグリル内部のフィンが水平基調を強めたデザインに改められ、バンパーの形状も変えられている。結果、彫りの深い、精悍(せいかん)な顔つきになっている。

さらに驚くのはインテリアで、ダッシュボードの意匠が変わるなどフルモデルチェンジ級の変更を受けた。ひとことで言えば、すっきりモダンにまとまっている。
見た目に統一感が出ただけでなく、ダッシュボード上に独立し、少し高い位置に移動したセンターディスプレイが見やすくなるなど、機能面でも使いやすくなっている。
と、見た目の変更点を確認してから、箱根方面に向けて出発する。

今回はディーゼルエンジンを搭載するワゴンというテーマで2台をそろえた。「アテンザワゴン」は装備が充実した最上級グレード「XD Lパッケージ」。対する「BMW 320dツーリング」は、スポーティーに装った内外装が特徴の「スポーツ」仕様を連れ出した。
今回はディーゼルエンジンを搭載するワゴンというテーマで2台をそろえた。「アテンザワゴン」は装備が充実した最上級グレード「XD Lパッケージ」。対する「BMW 320dツーリング」は、スポーティーに装った内外装が特徴の「スポーツ」仕様を連れ出した。
「アテンザ」の内装は2014年11月のマイナーチェンジで大幅に改良された。インパネが高さを抑えた新デザインとなり、センターコンソールは電動パーキングブレーキの採用に伴いすっきりとしたものとなった。「マツダ モノ造り革新」の土台となる「一括企画」(5~10年のスパンで今後どのような商品や技術が必要になるかを予測する)があればこそ、こうした大規模かつ時宜を得た改良が可能になるわけだ。
「アテンザ」の内装は2014年11月のマイナーチェンジで大幅に改良された。インパネが高さを抑えた新デザインとなり、センターコンソールは電動パーキングブレーキの採用に伴いすっきりとしたものとなった。「マツダ モノ造り革新」の土台となる「一括企画」(5~10年のスパンで今後どのような商品や技術が必要になるかを予測する)があればこそ、こうした大規模かつ時宜を得た改良が可能になるわけだ。
「アテンザ」の2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは175psと42.8kgmを発生する。JC08モード燃費は19.6km/リッター。
「アテンザ」の2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは175psと42.8kgmを発生する。JC08モード燃費は19.6km/リッター。
「アテンザワゴン」のボディーの外寸は全長4805×全幅1840×全高1480mm。「320dツーリング」より順に180×40×20mm大きい。
「アテンザワゴン」のボディーの外寸は全長4805×全幅1840×全高1480mm。「320dツーリング」より順に180×40×20mm大きい。
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)/アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.1.16 試乗記 「マツダ・アテンザ」が「CX-5」とともに大規模なマイナーチェンジを受けて完成度を一段と高めた。2.2リッターディーゼルエンジンを搭載するセダンとワゴンのステアリングを握り、デビューから2年を経たフラッグシップモデルの“進化論”を検証した。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • 第24回:300万円は出せません!! 2017.1.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)/BMW 320dツーリング スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けて、より上質に磨き込まれた「マツダ・アテンザ」。しかし安穏とはしていられない。なぜならそこには強敵であるヨーロッパのプレミアムカーが立ちはだかっているからだ。例えば、走りへのこだわり。この点にかけては人後に落ちない「BMW 3シリーズ」と対面したときに、アテンザは一体どれだけ独自の個性を主張できるのだろうか。比較テストを試みた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る