「水野和敏的視点」 vol.91 ポルシェ・マカン ターボ(前編)

2015.03.13 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.91 ポルシェ・マカン ターボ(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏。そんな氏が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くすのが当特集。今回はポルシェの新しいコンパクトSUV「マカン」に試乗する。


「水野和敏的視点」 vol.91 ポルシェ・マカン ターボ(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.91 ポルシェ・マカン ターボ(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.91 ポルシェ・マカン ターボ(前編)の画像
ポルシェ・マカン ターボ
 ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4700×1925×1625mm/ホイールベース:2805mm/車重:1980kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.6リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:400ps/6000rpm/最大トルク:56.1kgm/1350-4500rpm/タイヤ:(前)265/40R21 (後)295/35R21/価格:997万円
ポルシェ・マカン ターボ
     ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4700×1925×1625mm/ホイールベース:2805mm/車重:1980kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.6リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:400ps/6000rpm/最大トルク:56.1kgm/1350-4500rpm/タイヤ:(前)265/40R21 (後)295/35R21/価格:997万円

「水野和敏的視点」 vol.91 ポルシェ・マカン ターボ(前編)の画像

■400psの最上級グレードに試乗

ポルシェの新型SUV「マカン」は、日本でも相当人気のようですね。昨年11月半ばの発表時、ポルシェジャパンは1500台ものオーダーを抱え、モデルによっては納車まで1年待ちなんていわれていました。あれから3カ月たって、今ではそれなりに落ち着いてきたようですが、それでも4カ月程度は待たなくてはならないようです。今回は、その大人気のマカンをテストします。

ご存じのように、マカンは同じフォルクスワーゲングループの「アウディQ5」のコンポーネントを活用して、ポルシェが開発したクルマです。兄貴分の「カイエン」に比べればコンパクトといえるかもしれませんが、それはあくまで比較の問題。絶対的なボディーサイズは全長4700×全幅1925×全高1625mm(マカン ターボの場合)と、決してコンパクトではありません。ここ日本でこのクルマを見れば、なおさらその印象を強めるはずです。

ラインナップは、ベーシックな方から「マカン」「マカンS」「マカン ターボ」の3種類。最上級モデルにだけ「ターボ」の名称が与えられていますが、実はマカンは2リッター直4ターボ(237ps、35.7kgm)、マカンSは3リッターV6ツインターボ(340ps、46.9kgm)、マカン ターボは3.6リッターV6ツインターボ(400ps、56.1kgm)という具合に、すべてのエンジンにターボが装着されています。

車両本体価格は順に616万円/719万円/997万円。つまりマカン ターボは上級モデルの「カイエン」のベースモデル(859万909円)を凌(しの)ぐ価格設定となっています。

今回はこのマカン ターボに試乗します。オプションを含めると、その価格は「カイエンS」や「カイエンS E-ハイブリッド」を上回る1226万2000円(!)にも達します。

ではいざ、試乗コースに出てみましょう。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連記事
  • ポルシェ・マカン 2016.4.28 A Life with PORSCHE MACAN<PR> ポルシェのコンパクトSUV「マカン」。手ごろなボディーサイズで人気だが、2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーグレードは639万円という比較的リーズナブルな価格も魅力だ。あらためて同モデルに試乗することで、その価値について考えてみた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2015.12.23 試乗記 「ポルシェ・マカン」のスポーティーグレード「マカンGTS」に試乗。「マカンS」をベースに、よりパワフルなエンジンと鍛え上げられた足まわりが与えられたGTSの走りは、“SUVのピュアスポーツカー”と呼べるものだった。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2015.5.14 試乗記 3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載する「ポルシェ・マカン」の最上級グレード「マカン ターボ」に試乗。400psのパワーとポルシェ自慢の制御デバイスが織りなす走りを試す。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
ホームへ戻る