スズキ・アルトX(FF/CVT)

デザインに見とれてはいけない 2015.03.19 試乗記 このインパクトのある“顔つき”がとかく話題になりがちな新型「アルト」だが、デザインばかりに目を奪われてはいけない。このクルマの見どころはその奥、しっかりとしたボディーにこそあるからだ。上級グレードの「X」に試乗し、アルトの“軽自動車力”を探った。

CVTが人気とは思うが……

アルトを最初にティザーサイトで見たときはトキメいた。そして「フォルクスワーゲンup!」を連想した。もちろんスズキの軽自動車が、フォルクスワーゲンのクルマのように作られているとは思わない。そして、それを求めるつもりもない。
しかし一時、提携関係にあった相手を、スズキが意識しないわけはないだろう。彼らは彼らなりに小さなクルマへの回答をアルトに詰めたのではないだろうか? そうだといいな……と筆者は思ったのだ。

今回試乗したのは、最も燃費が稼げるグレード、CVTを搭載する「X」である。155/55R15サイズのタイヤ(試乗車はブリヂストン・エコピアだった)を履いた、いわば一番の売れ線モデルだ。でもこのCVTモデルは本当に“稼げる”のか? 試乗する前にちょっと考えてみた。

ご存じの通り、アルトにはこのCVTと、シングルクラッチを油圧制御で自動変速する5段AGS、そしてコンベンショナルな5MTという3つのトランスミッションが搭載されている。JC08モード燃費は順に37.0/29.6/27.2km/リッターで(FF車の場合)、価格はCVTの「X」が113万4000円、5AGSの「F」が84万7800円、5MTの「F」が同じく84万7800円だ。つまり、CVTとそれ以外のトランスミッションの価格差は約30万円。これを燃料代で埋めるには何年かかるのか……。考え始めて、途中でやめてしまった。

おそらくユーザーは「燃費」の2文字でこのCVTモデルに飛びつくと思う。しかしアルトのそれは、なんのへんてつもないCVTである。アクセルを踏み込んだとき常に滑っているような感覚や、高速走行時の作動音がちょっとな……というのであれば、気持ちよく、かつ楽しく乗れて、燃費も悪くない5AGSにした方がよほど“健康的”な選択だと思う。

5AGSはマニュアルモードでのシフトスピードも速いし、なによりロボタイズドクラッチの制御(クラッチのつなぎ方)が丁寧だ。トルクが小さいから、滑りを利用できるのだろう。この出来栄えは、同じシングルクラッチ式を採用するフィアットの「パンダ」や「500」を超えている。個人的には5AGSに強く引かれている。

副変速機付きCVTを搭載するグレードは「L」「S」「X」の3種類がある(テスト車は最上級のX)。すべてに減速エネルギー回生機構の「エネチャージ」が搭載されており、FF車で37.0km/リッターのJC08モード燃費がうたわれる。
副変速機付きCVTを搭載するグレードは「L」「S」「X」の3種類がある(テスト車は最上級のX)。すべてに減速エネルギー回生機構の「エネチャージ」が搭載されており、FF車で37.0km/リッターのJC08モード燃費がうたわれる。
インパネは横基調の直線的なデザインが採用されている。表面の白いパネルがそう思わせるのか、外観と同様に「フォルクスワーゲンup!」を連想させるところがある。
インパネは横基調の直線的なデザインが採用されている。表面の白いパネルがそう思わせるのか、外観と同様に「フォルクスワーゲンup!」を連想させるところがある。
前席はヘッドレスト一体型。表皮は青みがかった白系のファブリックとなる。運転席シートヒーターが標準で備わる(商用バンを除く)。
前席はヘッドレスト一体型。表皮は青みがかった白系のファブリックとなる。運転席シートヒーターが標準で備わる(商用バンを除く)。
「X」グレードではハッチゲートがミディアムグレーに塗られるオプション「2トーンバックドア」が選べる。それに伴いホイールもガンメタリック(通常はシルバー)となる。
「X」グレードではハッチゲートがミディアムグレーに塗られるオプション「2トーンバックドア」が選べる。それに伴いホイールもガンメタリック(通常はシルバー)となる。
関連記事 ホームへ戻る