クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダ・レジェンド 開発者インタビュー

クルマが好き、レジェンドが好き 2015.03.16 試乗記 本田技術研究所 四輪R&Dセンター
第8技術開発室 第1ブロック
主任研究員
青木 仁(あおき ひとし)さん

ホンダのフラッグシップセダンのあるべき姿とは? 「スポーツハイブリッドSH-AWD」を携えて復活を遂げた新型「レジェンド」の魅力と、同車に込められた思いを開発者に聞いた。

趣味はもてぎでサーキット走行

――青木さんは、普段はどんなクルマに乗られているんですか?

実は、この5月に納車されるんですよ、新型「レジェンド」。今、来るのを楽しみにしているところです。

――それはおめでとうございます。中身はやっぱり「青木さんスペシャルバージョン」ですか?

いえいえ(笑)。そこはお客さまにお届けするクルマと同じものを、同じように買わせていただきました。「即金で!」と言いたいところですが、5年ローンです。それでも、大事にしていた「インテグラ タイプR」を手放さないといけなかったんですよ。

――タイプRに乗っていたんですか?

はい。「DC2」の後期モデルで、“00spec”と呼ばれているものです。10年くらい前に友人から買い取って、アシを替えたりしてずっともてぎ(ツインリンクもてぎ)で遊んでいました。私はホームサーキットがもてぎなんですけど、DC2の前に乗っていたシビックの時代も含めると、もう17年くらい通っていました。それこそ、もてぎができたばかりの頃からなので、走行クラブの会員ナンバーがむちゃくちゃ若いんですよ(笑)。

でも、自動車税納税のタイミングで、維持費の負担をかみさんに気付かれまして。なにせ、当時のわが家のマイカーは、先代のレジェンドに3.5リッターの「エリシオン」「フィット」、それにタイプRですからね! 自動車税だけでだいたい20万円でしょう(笑)。さすがにかみさんにしかられて、タイプRと、ずっと乗り継いできたレジェンドを手放すことにしたんです。「レジェンドは今回LPLやるし、これを機に新型を買えばいいや」と思って。

――お話をうかがっていると、青木さんは本当にクルマ好きなんですね。最近のホンダのLPLの中では珍しくありませんか? 皆さんクールで、プライベートでもクルマで遊んでいるというようなお話はあまり聞かないんですけど。

そうなんですか? それは調子悪いなあ(笑)。

2014年11月に発表された新型「ホンダ・レジェンド」。先代モデルは2012年7月に生産終了となっているので、今回は約2年半ぶりの復活となる。
2014年11月に発表された新型「ホンダ・レジェンド」。先代モデルは2012年7月に生産終了となっているので、今回は約2年半ぶりの復活となる。
    拡大
新型「レジェンド」のインテリア。3種類のカラーバリエーションが用意されている。
新型「レジェンド」のインテリア。3種類のカラーバリエーションが用意されている。
    拡大
青木さんが長年所有していた「ホンダ・インテグラ タイプR」。青木さんは、このクルマでツインリンクもてぎに通うのが趣味だったのだとか。
青木さんが長年所有していた「ホンダ・インテグラ タイプR」。青木さんは、このクルマでツインリンクもてぎに通うのが趣味だったのだとか。
    拡大
<プロフィール>
1984年に本田技術研究所に入社。車体電装設計の部署に配属され、北米「アコード ハイブリッド」の電装PL(プロジェクトリーダー)を経て、同車のLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)代行、LPLを担当。2007年に「アキュラRLX」のLPL代行に就任し、今回の新型「レジェンド」ではLPLを担当することとなった。趣味はスキーとサーキット走行。
<プロフィール>
    1984年に本田技術研究所に入社。車体電装設計の部署に配属され、北米「アコード ハイブリッド」の電装PL(プロジェクトリーダー)を経て、同車のLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)代行、LPLを担当。2007年に「アキュラRLX」のLPL代行に就任し、今回の新型「レジェンド」ではLPLを担当することとなった。趣味はスキーとサーキット走行。 拡大

歴代モデルを乗り継いだからこその思い入れ

――先ほど、「レジェンドは乗り継いできた」とおっしゃいましたが、それは初代からずっと?

ええ。初代は父が「息子が働いている会社のフラッグシップセダンなんだから、買うぞ!」といって購入したもので、新型に乗り換えるときに僕が引き取ったんです。それから20~30年でしょうか、ずっとレジェンドを乗り継いできました。だから、会社からこのクルマのLPLをやれと言われた時は、感慨深いものがありましたね。思い入れの深いクルマでしたから。

――レジェンドは時代に応じて性格がどんどん変わってきたクルマですよね? 初代は「ホンダが出したラージサイズセダン、しかもFFの!」ということで、あの時代、すごく人気を集めていましたが。

そうですね。ただ、ドライバーズカーであるというところ、そこだけはずっと変わっていません。やはりホンダが出すんですから、走りに軸足を置いたクルマであるべきだと。そこを究めようと、先代レジェンドに搭載したのが「SH-AWD」です。今回の新型については、それから10年もお客さまをお待たせしてしまったわけですから、一歩も二歩も、先を目指さなければいけませんでした。

技術開発が進めば、既成のものはどんどん古くなってしまいます。だからこそ私たちは、休まずに新しいものを提供していかなければなりません。やはり、このクラスのクルマを買われるお客さまは新しいものが好きですから。しかも、ただ単純に予想通りのことをやってしまうと、お客さまを「なんだ」と落胆させてしまう。「あ、今度はこういう手で来たか」と思われる、そういうものを用意しなければいけません。だから今回は、「スポーツハイブリッドSH-AWD」なんです。

普通、後ろにモーターを2基積んで、左右個別に駆動と発電を行うなんて考えないじゃないですか。私も最初に試作車に乗ったときは「目からウロコ」で、これは行ける! と思いましたね。あまりにもすごいクルマだったんで、「ものになるのかな?」って心配もしていたんですが(笑)。

1985年10月に登場し、11月に発売された初代「レジェンド」。レジェンドは今年で誕生30周年を迎える。
1985年10月に登場し、11月に発売された初代「レジェンド」。レジェンドは今年で誕生30周年を迎える。
    拡大
2004年~2012年まで販売されていた4代目「レジェンド」。「New Driving Experience=新次元のドライビング体験」をキーワードに掲げ、トルクベクトリング機能付きの4WDシステム「SH-AWD」を採用していた。
2004年~2012年まで販売されていた4代目「レジェンド」。「New Driving Experience=新次元のドライビング体験」をキーワードに掲げ、トルクベクトリング機能付きの4WDシステム「SH-AWD」を採用していた。 拡大
新型「レジェンド」に採用される「スポーツハイブリッドSH-AWD」。リアの2輪を2基のモーターで個別に駆動し、高い操縦安定性能を実現している。
新型「レジェンド」に採用される「スポーツハイブリッドSH-AWD」。リアの2輪を2基のモーターで個別に駆動し、高い操縦安定性能を実現している。
    拡大
リアに搭載される「ツインモーターユニット」。
リアに搭載される「ツインモーターユニット」。
    拡大

基準は「お客さまに提供する価値があるか」

スポーツハイブリッドSH-AWDについては、モーターによる制御をどこまで主張するか、あるいは隠すかでも苦労しました。「こんな制御やっているんだよ」というのを前面に押し出すと、分かりやすくなる半面、お客さまにとって違和感になってしまう。かといって、主張がないと(制御を)やっているのかやっていないのかが分からなくなってしまう。そこをうまくバランスさせるのがすごく難しいところでした。

――確かに、本当に自然だったら気が付かないですしね。

はい。いろいろな制御のクルマに乗って、「どれが一番お客さまに提供する価値があるものなのか?」を議論しました。その中で絶対譲ってはいけないと考えたのが「オン・ザ・レール感覚」です。自分の思い描いたラインで走れるという感覚を、違和感なく感じていただけること。「意のまま」という言葉をトップに掲げてやってきました。

――極論ですけど、クルマの味付けは制御次第でどうとでもなってしまう部分がありますよね? 回生ブレーキをもっと強くしたり……。

そうなんです。アクセルをちょっと離すだけでブレーキを強烈に利かせるような過激な設定も可能です。ただ、あのクラスのお客さまに本当にそれが望まれているかというと、そうじゃないと思うんですよね。

普段はハンドリングにたけたドライバーズカーとして運転を楽しみ、リラックスして走りたいときは、外と遮断された静かな空間で、例えばいい音楽を聞きながら、ゆっくり快適に移動する。そういった、相反する性格を併せ持つ二面性も、新型「レジェンド」の魅力であると考えています。

(インタビュー=下野康史<かばたやすし>/まとめ=webCG 堀田剛資/写真=田村 弥、本田技研工業、webCG)
 

前輪を駆動する3.5リッターV6エンジン。気筒休止システムを搭載しているが、作動時のあまりの違和感のなさに「機能している実感や、ありがたみが感じられない」との声が上がり、一時はインジケーターの装備も検討されたという。
前輪を駆動する3.5リッターV6エンジン。気筒休止システムを搭載しているが、作動時のあまりの違和感のなさに「機能している実感や、ありがたみが感じられない」との声が上がり、一時はインジケーターの装備も検討されたという。
    拡大
新型「レジェンド」にはスロットルレスポンスや変速制御などを切り替える「SPORTモード」も搭載されているが、これについても「あくまで『気持ちよさ』を重視したもので、極端な、過激な制御にはしていない」とのこと。
新型「レジェンド」にはスロットルレスポンスや変速制御などを切り替える「SPORTモード」も搭載されているが、これについても「あくまで『気持ちよさ』を重視したもので、極端な、過激な制御にはしていない」とのこと。 拡大
新型「レジェンド」にはアメリカの高級音響機器メーカー、KRELL(クレル)のオーディオシステムが標準装備される。
新型「レジェンド」にはアメリカの高級音響機器メーカー、KRELL(クレル)のオーディオシステムが標準装備される。
    拡大

ホンダ・レジェンド【開発者インタビュー】の画像 拡大

関連キーワード:
レジェンドホンダ試乗記

あなたにおすすめの記事