ホンダ・レジェンド 開発者インタビュー

クルマが好き、レジェンドが好き 2015.03.16 試乗記 本田技術研究所 四輪R&Dセンター
第8技術開発室 第1ブロック
主任研究員
青木 仁(あおき ひとし)さん

ホンダのフラッグシップセダンのあるべき姿とは? 「スポーツハイブリッドSH-AWD」を携えて復活を遂げた新型「レジェンド」の魅力と、同車に込められた思いを開発者に聞いた。

趣味はもてぎでサーキット走行

――青木さんは、普段はどんなクルマに乗られているんですか?

実は、この5月に納車されるんですよ、新型「レジェンド」。今、来るのを楽しみにしているところです。

――それはおめでとうございます。中身はやっぱり「青木さんスペシャルバージョン」ですか?

いえいえ(笑)。そこはお客さまにお届けするクルマと同じものを、同じように買わせていただきました。「即金で!」と言いたいところですが、5年ローンです。それでも、大事にしていた「インテグラ タイプR」を手放さないといけなかったんですよ。

――タイプRに乗っていたんですか?

はい。「DC2」の後期モデルで、“00spec”と呼ばれているものです。10年くらい前に友人から買い取って、アシを替えたりしてずっともてぎ(ツインリンクもてぎ)で遊んでいました。私はホームサーキットがもてぎなんですけど、DC2の前に乗っていたシビックの時代も含めると、もう17年くらい通っていました。それこそ、もてぎができたばかりの頃からなので、走行クラブの会員ナンバーがむちゃくちゃ若いんですよ(笑)。

でも、自動車税納税のタイミングで、維持費の負担をかみさんに気付かれまして。なにせ、当時のわが家のマイカーは、先代のレジェンドに3.5リッターの「エリシオン」「フィット」、それにタイプRですからね! 自動車税だけでだいたい20万円でしょう(笑)。さすがにかみさんにしかられて、タイプRと、ずっと乗り継いできたレジェンドを手放すことにしたんです。「レジェンドは今回LPLやるし、これを機に新型を買えばいいや」と思って。

――お話をうかがっていると、青木さんは本当にクルマ好きなんですね。最近のホンダのLPLの中では珍しくありませんか? 皆さんクールで、プライベートでもクルマで遊んでいるというようなお話はあまり聞かないんですけど。

そうなんですか? それは調子悪いなあ(笑)。

2014年11月に発表された新型「ホンダ・レジェンド」。先代モデルは2012年7月に生産終了となっているので、今回は約2年半ぶりの復活となる。
2014年11月に発表された新型「ホンダ・レジェンド」。先代モデルは2012年7月に生産終了となっているので、今回は約2年半ぶりの復活となる。
新型「レジェンド」のインテリア。3種類のカラーバリエーションが用意されている。
新型「レジェンド」のインテリア。3種類のカラーバリエーションが用意されている。
青木さんが長年所有していた「ホンダ・インテグラ タイプR」。青木さんは、このクルマでツインリンクもてぎに通うのが趣味だったのだとか。
青木さんが長年所有していた「ホンダ・インテグラ タイプR」。青木さんは、このクルマでツインリンクもてぎに通うのが趣味だったのだとか。
<プロフィール>
1984年に本田技術研究所に入社。車体電装設計の部署に配属され、北米「アコード ハイブリッド」の電装PL(プロジェクトリーダー)を経て、同車のLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)代行、LPLを担当。2007年に「アキュラRLX」のLPL代行に就任し、今回の新型「レジェンド」ではLPLを担当することとなった。趣味はスキーとサーキット走行。
<プロフィール>
    1984年に本田技術研究所に入社。車体電装設計の部署に配属され、北米「アコード ハイブリッド」の電装PL(プロジェクトリーダー)を経て、同車のLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)代行、LPLを担当。2007年に「アキュラRLX」のLPL代行に就任し、今回の新型「レジェンド」ではLPLを担当することとなった。趣味はスキーとサーキット走行。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • 【デトロイトショー2017】ホンダ、北米向け新型「オデッセイ」を世界初公開
    2017.1.11 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年1月9日(現地時間)、北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、北米向けの新型「オデッセイ」を世界初公開した。
ホームへ戻る