マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ(FF/6MT)/CX-3 XDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)/CX-3 XDツーリング Lパッケージ(4WD/6MT)

ベストCX-3を探せ 2015.03.18 試乗記 スカイアクティブ技術とデザインテーマ「魂動(こどう)」を採用したマツダの新世代商品、その第5弾に当たる「CX-3」がいよいよ公道を行く。MTとAT、FFと4WD、ベストCX-3はいったいどれだ?

1.5リッターディーゼルのみ

「CX-5の下」でもない、「デミオのSUV」でもない、独自の存在感を追求した。プレス試乗会のプレゼンテーションでそう語ったのはCX-3のチーフデザイナーだ。機械的な中身は、プラットフォーム(車台)をはじめとしてデミオのSUVに近いが、サイドパネルの複雑なふくらみや折り方や、ひときわタイヤを大きく見せる演出など、一連の最新マツダ車のなかでも、たしかにCX-3は最もデザインコンシャスである。

海外向けにはガソリンエンジンも用意されるが、国内はディーゼルのみというのがCX-3の一大特徴だ。エンジンはデミオ用1.5リッター4気筒ターボに小改良を加えたものである。

駆動方式は二駆と四駆。登場から3年以上たつCX-5では二駆が販売の6割近くを占めているという。より低い価格帯のCX-3ではさらにFF比率が高まるだろうとマツダは見込んでいる。CX-5はATのみだが、デミオ同様、CX-3ではMTも選べる。

グレードは「XD」「XDツーリング」「XDツーリング Lパッケージ」の3つ。XDだけが16インチホイールで、それ以上は18インチを履く。XDツーリングと同Lパッケージとの機能面での主な差は安全装備で、Lパッケージには車線逸脱警報システムやアダプティブ・クルーズ・コントロールなどが標準装備される。

最上級グレード「XDツーリング Lパッケージ」の室内。黒を基調に、シートとインパネデコレーションパネルにはピュアホワイトを用いて、スタイリッシュで洗練された雰囲気を表現した。
エンジンは1.5リッター直4ディーゼルターボのみ。105psと27.5kgmを発生させる。JC08モード燃費は21.0~25.0km/リッター。
「XDツーリング Lパッケージ」のタイヤサイズは215/50R18(写真)。ベーシックグレードの「XD」には215/60R16サイズが装着される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 第380回:新型「マツダCX-5」が狙ったモノ
    ここでも見つけたマツダ理想主義!
    2016.11.21 エッセイ マツダはロサンゼルスオートショー2016で新型「CX-5」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発陣に聞いた。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る