キャデラックATSクーペ(FR/6AT)

正しいクーペ像 2015.03.23 試乗記 キャデラックのエントリーモデル「ATS」にクーペが加わった。ライバルとなる「BMW 4シリーズ」や「アウディA5」とはどう戦うのか、その実力を確かめた。

ドイツ御三家と真っ向勝負

キャデラックの日本仕様は、昨年12月に発表された2015年モデルで大きく変わった点がいくつもある。主力となる2リッター4気筒ターボの性能アップをはじめとして、「CTS」に4WD登場、スマホを核とした車内情報システムの進化・強化、全車速レーダークルーズコントロールや自動ブレーキの全面展開などのなかに、末っ子モデルのATSにクーペの追加も含まれる。
というわけで、今回の主題はATSクーペなのだが、その前に、キャデラックの最新セダン/クーペのラインナップをおさらいしておく。

現在のキャデラックは、いわゆるドイツ高級車ブランド御三家に正面から競合するマーケティング戦略を採る。セダンは3種類。下からATS、CTS、そして「XTS」で、これらはBMWでいうと「3シリーズ」「5シリーズ」「7シリーズ」に相当する。ドイツ御三家でいう「CLA」や「A3 セダン」にあたる小型のCセグメント4ドアについては、キャデラックにはまだタマはない。

20世紀終盤にFF化を推し進めたキャデラックだが、国際競争力が見込まれるATSとCTSは後輪駆動(とそれをベースにした4WD)に回帰しており、GMジャパンが正規輸入するセダンもこの2機種である。
ちなみに最上級のXTSだけは現在もFFレイアウトを維持。XTSも内外装デザインモチーフは最新キャデラックのそれであり、2リッターのダウンサイジングターボも積むほどの最新鋭商品。しかし、GMのグローバルマーケティング構想からは外れているようで、正式に売られているのは北米と中国のみ。まあ、じつはXTSも日本で入手可能なのだが、それはヤナセ系が独自に受注輸入するセミ正規モデル(?)である。

キャデラックのクーペは現在ATSとCTSのみ(小型プラグインハイブリッドクーペの「ELR」は休止中)に用意されており、こうして、日本にはまずATSクーペから上陸。CTSクーペは少なくとも今年の導入はないようだ。

フロントグリルに輝く「キャデラック・クレスト」の奥にはレーダーセンサーが備わる。
フロントグリルに輝く「キャデラック・クレスト」の奥にはレーダーセンサーが備わる。
アメリカの先進的なIT文化をベースに生み出されたというキャデラック独自のインフォテインメントシステム「CUE」が特徴的な「ATSクーペ」のインテリア。
アメリカの先進的なIT文化をベースに生み出されたというキャデラック独自のインフォテインメントシステム「CUE」が特徴的な「ATSクーペ」のインテリア。
メーターパネル内にはカラー液晶表示のディスプレイが備わる。
メーターパネル内にはカラー液晶表示のディスプレイが備わる。
 
キャデラックATSクーペ プレミアム(FR/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る