新型MINIジョンクーパーワークス、受注始まる

2015.03.16 自動車ニュース
「MINIジョンクーパーワークス」
「MINIジョンクーパーワークス」

新型「MINIジョンクーパーワークス」受注始まる

BMWジャパンは2015年3月16日、新型「MINIジョンクーパーワークス」の国内受注を開始した。デリバリーは、同年5月末に始まる見込み。

最新型のMINI(3ドアハッチバック)をベースとした高性能モデル、MINIジョンクーパーワークスが、日本で発売される。
これまでも、コンバーチブルやクロスオーバー、ロードスター、クーペなど、さまざまなボディータイプに設定されてきたジョンクーパーワークスだが、新世代MINIでの展開は、今回が初となる。

2リッター直4ターボエンジンは、先代モデル比で約10%アップの231psを発生。最大トルクは32.6kgmで、オーバーブースト時には35.7kgmにまで高められる。新型MINIの中で最もスポーティーとされる「MINIクーパーS」(192ps、28.6kgm)と比べた場合、39psと7.1kgmの上乗せとなる。

トランスミッションは6段MTと6段ATの2タイプ。ATモデルの場合、0-100km/h加速の所要時間は先代モデルより0.6秒短い6.1秒で、新欧州ドライビングサイクルの燃費値も約25%向上しているという。

足まわりにも、スポーツサスペンションやブレンボ社製のブレーキキャリパーがおごられる。
コーナリング性能を高めるエレクトロニック・ディファレンシャル・ロック・コントロール(EDLC)や、パフォーマンス・コントロールを備えたダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)といった電子制御システムは標準で装備。カーナビゲーションシステムやヘッドアップディスプレイ、クルーズコントロールといった快適装備も、あらかじめ備わる。

エクステリアは、エアロキットや17インチホイールからなる専用の仕立て。インテリアもジョンクーパーワークス専用デザインのスポーツシートやステアリングホイール、ドアシルプレートなどで飾られる。

価格は、MT車が398万円で、AT車が415万円。

(webCG)

→新型「MINIジョンクーパーワークス」のフォトギャラリーはこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る