新型MINIジョンクーパーワークス、受注始まる

2015.03.16 自動車ニュース
「MINIジョンクーパーワークス」
「MINIジョンクーパーワークス」

新型「MINIジョンクーパーワークス」受注始まる

BMWジャパンは2015年3月16日、新型「MINIジョンクーパーワークス」の国内受注を開始した。デリバリーは、同年5月末に始まる見込み。

最新型のMINI(3ドアハッチバック)をベースとした高性能モデル、MINIジョンクーパーワークスが、日本で発売される。
これまでも、コンバーチブルやクロスオーバー、ロードスター、クーペなど、さまざまなボディータイプに設定されてきたジョンクーパーワークスだが、新世代MINIでの展開は、今回が初となる。

2リッター直4ターボエンジンは、先代モデル比で約10%アップの231psを発生。最大トルクは32.6kgmで、オーバーブースト時には35.7kgmにまで高められる。新型MINIの中で最もスポーティーとされる「MINIクーパーS」(192ps、28.6kgm)と比べた場合、39psと7.1kgmの上乗せとなる。

トランスミッションは6段MTと6段ATの2タイプ。ATモデルの場合、0-100km/h加速の所要時間は先代モデルより0.6秒短い6.1秒で、新欧州ドライビングサイクルの燃費値も約25%向上しているという。

足まわりにも、スポーツサスペンションやブレンボ社製のブレーキキャリパーがおごられる。
コーナリング性能を高めるエレクトロニック・ディファレンシャル・ロック・コントロール(EDLC)や、パフォーマンス・コントロールを備えたダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)といった電子制御システムは標準で装備。カーナビゲーションシステムやヘッドアップディスプレイ、クルーズコントロールといった快適装備も、あらかじめ備わる。

エクステリアは、エアロキットや17インチホイールからなる専用の仕立て。インテリアもジョンクーパーワークス専用デザインのスポーツシートやステアリングホイール、ドアシルプレートなどで飾られる。

価格は、MT車が398万円で、AT車が415万円。

(webCG)

→新型「MINIジョンクーパーワークス」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
MINI 3ドアMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • トヨタが新たなスポーツブランド「GR」を発表 2017.9.19 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年9月19日、新たなスポーツコンバージョン車のブランド「GR」シリーズを発表。このうち“GR”モデル1車種と“GRスポーツ”モデル6車種を同日に発売した。
  • レトロモダンな限定車 「MINIアイスブルー」登場 2017.9.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年9月8日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」に特別仕様車「ICE BLUE(アイスブルー)」を設定し、400台の台数限定で販売を開始した。過去に人気を博した「アイスブルー」のボディーカラーを復刻し、専用装備としている。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る