第283回:フォルクスワーゲンのもうひとつのベストセラー
「パサート」の魅力を考える

2015.03.20 エッセイ
ジュネーブショー2015で発表された新型「フォルクスワーゲン・パサート オールトラック」。
ジュネーブショー2015で発表された新型「フォルクスワーゲン・パサート オールトラック」。

フォルクスワーゲンの新型「パサート」の日本上陸の日が近づいている。ともすれば「ゴルフ」や「ポロ」の陰に隠れがちだった“もうひとつのベストセラー”は、ここ日本でもその平凡ならざる存在感をアピールすることができるのか。ジュネ―ブショーウイークに新型パサートとじっくり向き合った筆者が、その魅力をさまざまな角度から考えた。

「パサート」は欧州カー・オブ・ザ・イヤー2015を受賞した。
「パサート」は欧州カー・オブ・ザ・イヤー2015を受賞した。
ポルシェは恒例の「グループ・ナイト」で「ケイマンGT4」を披露。
ポルシェは恒例の「グループ・ナイト」で「ケイマンGT4」を披露。
スペインのセアトが公開したSUVコンセプトの「20V20」。
スペインのセアトが公開したSUVコンセプトの「20V20」。
次期「パサートCC」を示唆しているといわれる「スポーツクーペコンセプトGTE」。
次期「パサートCC」を示唆しているといわれる「スポーツクーペコンセプトGTE」。

2015年は「パサートの年」

モーターショーのプレスデイが開かれる前日の晩に、各自動車メーカーが限られたメディアとゲストを招待して、ショーに出品予定のクルマを事前に発表することがよくある。
フォルクスワーゲンもその例に漏れず、以前から毎年「フォルクスワーゲン・グループ・ナイト」というイベントを開催している。
今年も、ジュネーブモーターショーの会場であるパレクスポとは別の、もっとレマン湖に近い特設ホールを使って行われた。

イベントの進行はシンプルなものだった。フォルクスワーゲン・グループを構成するドゥカティやスカニア、MANなどを含む12(!)のメーカーが、ショーに出展する予定のものを半日早くお披露目する。イベント全体の統一テーマは「MOVING EXPECTATIONS」。
トップバッターのポルシェが、すでにその姿が明らかにされている「ケイマンGT4」を公開すると、続くセアトは新しいSUVのコンセプトカーを、ランボルギーニは「アヴェンタドール」に追加された「LP750-4スーパーヴェローチェ」を、といった具合に次々と舞台に上げられていく。

もっとも、新車やショーモデルの中には、ここでも発表されずに翌日のショー本番のプレスカンファレンスで「本当のサプライズ」として発表されるものもあるから、ここで安心してはイケナイ。

大トリを務めるフォルクスワーゲン・ブランドからは、コンセプトカーの「スポーツクーペコンセプトGTE」と、昨年フルモデルチェンジが行われたパサートに新たに追加されたプラグインハイブリッド版「パサートGTE」が現れた。パサートは「欧州カー・オブ・ザ・イヤー2015」を受賞したことも大々的にアピールされていた。

スポーツクーペコンセプトGTEは、現行の「パサートCC」の後継と目されている4ドアクーペである。CCよりもひと回り大きく見え、直線基調のエクステリアデザインが特徴的だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る