第282回:早春の軽井沢で「テスラ・モデルS」をドライブ
あり得べき“未来への道”を考えた

2015.03.19 エッセイ
今回試乗した「テスラ・モデルS P85」。
今回試乗した「テスラ・モデルS P85」。

2014年の9月から、日本でもようやく電気自動車「テスラ・モデルS」の納車が始まった。一方、トヨタが開発した燃料電池車「ミライ」の生産がこの2月にスタート。どちらもまだ街角で見る機会は少ないが、将来のスタンダードを争うモデルである。軽井沢で試乗したモデルSは、確かに未来を予感させる要素を持っていた。

軽井沢の試乗会場に並ぶ「テスラ・モデルS」。見慣れない形のクルマということもあり、道行く人からの注目度は抜群だった。
軽井沢の試乗会場に並ぶ「テスラ・モデルS」。見慣れない形のクルマということもあり、道行く人からの注目度は抜群だった。
2014年11月に行われた「トヨタ・ミライ」の発表会の様子。写真は実車と共に撮影に応じる、トヨタ自動車取締役副社長の加藤光久氏と、製品企画本部主査の田中義和氏。
2014年11月に行われた「トヨタ・ミライ」の発表会の様子。写真は実車と共に撮影に応じる、トヨタ自動車取締役副社長の加藤光久氏と、製品企画本部主査の田中義和氏。
「テスラ・モデルS」の納車開始に合わせ、2014年9月に来日したテスラモーターズのイーロン・マスクCEO。
「テスラ・モデルS」の納車開始に合わせ、2014年9月に来日したテスラモーターズのイーロン・マスクCEO。

ポスト・ハイブリッド時代の主役はどうなる?

アメリカのカリフォルニア州は、世界に先駆けて先進的な排ガス規制を進めてきた。現在でも規制の厳しさはトップクラスである。象徴的なのが、ZEV規制の存在だ。販売台数の一定割合を「Zero Emission Vehicle=排ガスゼロの車」(ただしハイブリッド車やプラグインハイブリッド車、天然ガス車なども含む)にするよう、自動車メーカーに義務付けている。住民の環境意識も高く、「トヨタ・プリウス」の人気はこの場所で火がついた。

ZEV規制では基準を超過達成するとクレジットを与えられ、未達成のメーカーにそれを販売することができる。トヨタは、もちろん販売する側だった。しかし、2014年はクレジット販売の上位から姿を消している。今後はさらに状況が厳しくなると予想される。金看板のプリウスが、エコカーとみなされなくなるからだ。2017年から規制が強化され、ハイブリッド車(HV)はZEVの対象車種から外される。

初代プリウスは1997年のデビューだから、確かにHVは最先端のクルマではない。今や当たり前の技術なのだ。21世紀に間にあってから18年が経過し、ハイブリッドは未来ではなく現在の技術になった。これは、トヨタにとっては誇るべきことではあるだろう。しかし、現実に規制をクリアすることが課題となっている。トヨタは、クルマの未来について新たな構想を見せなければならなくなった。それを形にしたのが、燃料電池車(FCV)のミライである。ベタなネーミングには、トヨタの決意が込められている。

トヨタの構想に、真っ向から異を唱えているのがテスラだ。未来は水素ではなく電気であるという主張を繰り返している。CEOのイーロン・マスクは「fuel cellはfool cell(ばかげた電池)である」とまで言っているのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

モデルSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る