第390回:大矢アキオのジュネーブショー2015 トヨタで靴を脱ぎ、シトロエンでたまげ、ホンダで風になって……

2015.03.20 エッセイ

トヨタブースで倒れている人発見

ジュネーブショー2015のプレスデイ。世界の自動車ジャーナリストが目を皿のようにして新型車のディテールとスペックを追い、経済記者が企業動向を探るべくメーカー首脳を追い回す中、ボクはといえば相変わらず出展者の面白アトラクションを冷やかしていたのであった。
今回は、心のアルバムにしまってしまうのはもったいない、奇抜かつ秀逸な企画を紹介しよう。

まずはトヨタである。ブースの一角に靴が何足も放置されていた。モーターショーにおいて尋常の風景ではない。日本ブランドだけに移動式茶室でも設営したのかと思い、さらに見ると、いいおじさんたちが、何人も寝そべっている。ただし、普通の寝姿とちょっと違う格好で横たわっている。格闘技体験で技をかけられた人か? と身構えた。

近くに立っているディスプレイを見てようやく企画の内容がわかった。上部に設置したカメラを用いて、あたかも飛んだり跳ねたりしたような記念写真が撮れるブースだった。ボク個人としては、由美かおる氏や金井克子氏を輩出したバレエ団主宰者・西野皓三氏による呼吸法で飛ばされる人を思い出した。
実際には、トヨタ自動車が2014年11月に概要発表した、衝突回避および被害軽減機能を盛り込んだ予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」のキャンペーンだった。ちなみに、時間によっては本当に武術風パフォーマンスも行われていたようだ。

とりわけハイテクを駆使したものでないにもかかわらず、よく見ると、希望者によって順番待ちができている。そもそも、よほどのことがない限り、人前で靴を脱ぐ習慣がない欧州において、みんな靴下もしくははだしになって盛り上がっていることからにして、この企画はヒットである。

ジュネーブショー2015のトヨタブースにて。
ジュネーブショー2015のトヨタブースにて。
靴がいくつも置かれている。日本ブランドだけにお座敷設営か?
靴がいくつも置かれている。日本ブランドだけにお座敷設営か?
いいおじさんたちが、昼間から寝転がっている。
いいおじさんたちが、昼間から寝転がっている。
こんな記念写真が撮れるコーナーだった。
こんな記念写真が撮れるコーナーだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。