第284回:ヨーロッパ縦断1200km!
新型「パサート」の長距離性能を試す

2015.03.24 エディターから一言
旅のスタート地点・デュッセルドルフにて。ライン川を挟んだ対岸にラインタワーと、メディエンハーフェン地区のランドマークとなっているフランク・ゲーリーの脱構築主義建築が見える。
旅のスタート地点・デュッセルドルフにて。ライン川を挟んだ対岸にラインタワーと、メディエンハーフェン地区のランドマークとなっているフランク・ゲーリーの脱構築主義建築が見える。

そのクルマに隠された真の“言葉”を知りたければ、サーキットやワインディングロードなどではなく、高速道路に向かうべきだ。そして、ただひたすら長距離を走り、そのクルマとじっくり対話してみるといい。そうすれば、エンジンにサスペンション、インテリアにラゲッジルームと、さまざまな場所に込められた作り手のメッセージが、実感を伴って理解できるようになってくるはずである。今回の試乗車はフォルクスワーゲンの新型「パサート」。ドイツ・デュッセルドルフからスイス・ジュネーブまでの約1200kmを、2日かけて走破した。

1200kmの旅の相棒、新型「パサート セダン」。2リッターのディーゼルエンジンを搭載する。
1200kmの旅の相棒、新型「パサート セダン」。2リッターのディーゼルエンジンを搭載する。
もう一台の相棒「パサート ヴァリアント」。こちらは1.4リッターのガソリン直噴ターボエンジンを積む。
もう一台の相棒「パサート ヴァリアント」。こちらは1.4リッターのガソリン直噴ターボエンジンを積む。
「パサート ヴァリアント」の室内。先代モデルと比べて豪華になった。
「パサート ヴァリアント」の室内。先代モデルと比べて豪華になった。
メーターは液晶パネルに映し出されるバーチャル式。タコメーター(左)とスピードメーター(右)の間にさまざまな情報が表示され、その内容によっては2つのメーターの直径が小さく変化し、互いに外側に移動しているように見える。(クリックすると動きます)
メーターは液晶パネルに映し出されるバーチャル式。タコメーター(左)とスピードメーター(右)の間にさまざまな情報が表示され、その内容によっては2つのメーターの直径が小さく変化し、互いに外側に移動しているように見える。(クリックすると動きます)
2リッターTDI(ディーゼルターボ)エンジン。240psを発生する。
2リッターTDI(ディーゼルターボ)エンジン。240psを発生する。

長旅の頼れる相棒

今年のジュネーブモーターショーへは、フォルクスワーゲンの新型パサートで向かった。ドイツのデュッセルドルフ空港で、2リッターディーゼルエンジンを搭載したパサートセダンの4MOTION(四輪駆動)と、1.4リッターガソリンエンジンを搭載したステーションワゴンの「パサートヴァリアント」を受け取り、4人が2台に分乗し、ジュネーブを目指した。

今回の走行プランだと、ジュネーブまでの道のりは約1200kmとなる。いくらドイツに速度無制限区間のあるアウトバーンがあるからといったって、1日で走り切れる距離ではない。途中で1泊する予定だ。ドイツ・マインツ在住のSさんの勧めで、温泉で有名なスイスのファルスという街にホテルを予約しておいてもらった。
デュッセルドルフからファルスまでの行程は700km弱。翌日は早朝に出発して、日が暮れる前に着けたらいい。

新しいパサートは、先代よりも立派に見える。目いっぱい幅を広げたフロントフェイスをはじめとして、各部分のクロムメッキが目立つ。ボディーサイドのキャラクターラインも彫りが深くて、オノレを強く主張している。
歴代のパサートもそうだったけれども、車内や荷室はとても広い。日本人の平均的な体格ならば、セダンでもヴァリアントでもファミリーユースで十分以上のスペースを持っている。それは後席でも変わらず、僕が座ると頭上にも膝の前にも空間が余るくらいだ。

インテリアは豪華になった。一番驚かされたのは、オプションのメーターパネルだ。物理的なメーターダイヤルと針は存在せず、液晶パネルにメーターが映し出されている。それだけだったら他メーカーのクルマでもよく見掛けるが、スピードメーターとタコメーターの像が左右に動くのである。
少々詳しく説明すると、スピードメーターとタコメーターの間の液晶パネルには、さまざまな情報を切り替えて表示することができるのだが、ここにカーナビの地図を表示させておくと、曲がり角や高速道路の降り口など、ナビがドライバーになんらかのアクションを要請する時になると、それぞれのメーターが“スッ”と互いに外側に移動して、地図が大きく表示されるようになっているのだ。これはわかりやすくていい。

シートも大きくたっぷりしており、パサートならではの余裕を感じる。トランクスペースはワゴンもセダンも驚くほどの広さがあり、どちらも機内持ち込み不可の中型スーツケース2つを飲み込み、空いたスペースに大きなカメラバッグとショルダーバッグ2個を収めても、まだ余裕があったぐらいだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
  • 第1回 新グレード「TSIエレガンスライン」を試す 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 装備が見直されるとともに、ラインナップが改められたフォルクスワーゲンのセダン「パサート」に試乗。新グレード「TSIエレガンスライン」をメインに、その仕上がりを詳しく報告する。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSI Rライン/パサートTSIハイライン【試乗記】 2015.7.16 試乗記 通算で8代目となる新型「フォルクスワーゲン・パサート/パサートヴァリアント」に試乗。全方位的に進化して、実用性やクオリティーが一段と高まったというミドルサイズ“ワーゲン”のゴキゲン具合やいかに? 試乗会からの第一報。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.4 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」に試乗。充実の先進装備やトレンドに沿ったエクステリアに目が行きがちだが、その土台はメルセデスの伝統にのっとった“いいクルマ”らしさにあふれていた。中間グレードの「GLA220 4MATIC」に乗った。
ホームへ戻る