マツダCX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)/トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”(4WD/CVT)

“ドライバーズSUV”に大事なこと 2015.03.20 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けて、デザイン、機能性、快適性、そして走りと、あらゆる領域で一段と腕を上げた「マツダCX-5」。ステアリングを握る者を走りへと誘う“ドライバーズSUV”としての資質も同時に高まったのだろうか。このカテゴリーのベストセラーカー「トヨタ・ハリアー」と比較してみた。

「モノ造り革新」があればこそ

2012年にデビューしたマツダCX-5は、マツダにとって記念すべきモデルだ。SKYACTIVテクノロジーを全面的に採用した、最初のクルマだったからだ。その出来栄えはなかなかのもので、運転して楽しい、マツダらしいSUVに仕上がっていた。

デビューから3年を経て、そのマツダCX-5が大がかりなマイナーチェンジを受けた。その変更内容は、同じタイミングで変更が施された「アテンザ」に準じる。すなわち、内外装デザインが洗練され、乗り心地や静粛性が向上した。マツダが「i-ACTIVSENSE」と呼ぶ安全装備が進化したことも、アテンザと共通である。

マイチェン後のマツダCX-5のインプレッションを記す前に、マツダいうところの「モノ造り革新」について説明しておきたい。このクルマ作りに対するマツダの考え方を理解しておくと、最近のマツダ車の評価が高い理由や、このタイミングでCX-5に大きく手を加えた理由が見えてくるはずだ。

「モノ造り革新」の中に、「コモンアーキテクチャー」という製品を設計するにあたってのコンセプトがある。
これは、車格や排気量が違っても、基本コンセプトは共通にするという考え方。例えば「デミオ」とCX-5はボディーの大きさもエンジン排気量も異なる。ただし、エンジンの燃焼特性や、衝突時の力の伝わり方は同じ。つまりデミオとCX-5は、相似形ということになる。

「モノ造り革新」のなかにはもうひとつ、「一括企画」という重要なコンセプトがある。これは、個別の車種に向けてではなく、全社一丸となって技術開発を行い、完成した技術を順次採用していくというものだ。したがって、CX-5やアテンザより先にデミオに採用される技術もあるし、完成した技術はマイナーチェンジのタイミングでどしどし採用される。

確かに最近のマツダのラインナップには、マツダ味というか広島風味というか、共通した手触りがある。上から下まで、各モデルのデザインやドライブフィールに統一感があるあたり、メルセデス・ベンツやBMWのラインナップ構成を思わせる。これは「コモンアーキテクチャー」という考え方が浸透しつつあるからだろう。

また、発表から2年というタイミングで思い切った変更を加えるあたりには、「一括企画」の影響がうかがえる。

「CX-5」の比較相手に選んだのは「トヨタ・ハリアー」。環境性能に優れ、走りもいいSUVというテーマで、ハイブリッド4WDモデルの最上級グレード「プレミアム“アドバンストパッケージ”」を選択した。
「CX-5」の比較相手に選んだのは「トヨタ・ハリアー」。環境性能に優れ、走りもいいSUVというテーマで、ハイブリッド4WDモデルの最上級グレード「プレミアム“アドバンストパッケージ”」を選択した。
「CX-5」が大規模なマイナーチェンジを受けたのは2014年11月。フロントグリルに水平基調のフィンが配され、表情がより精悍(せいかん)になった。「Lパッケージ」と「プロアクティブ」の両グレードには、防眩(ぼうげん)ハイビーム機構「アダプティブLEDヘッドライト」が標準で装備される。
「CX-5」が大規模なマイナーチェンジを受けたのは2014年11月。フロントグリルに水平基調のフィンが配され、表情がより精悍(せいかん)になった。「Lパッケージ」と「プロアクティブ」の両グレードには、防眩(ぼうげん)ハイビーム機構「アダプティブLEDヘッドライト」が標準で装備される。
「CX-5 XD Lパッケージ」のインテリア。スマートフォンと連携する「マツダコネクト」が採用されたほか、インパネデコレーションパネルなどの質感向上が図られた。
「CX-5 XD Lパッケージ」のインテリア。スマートフォンと連携する「マツダコネクト」が採用されたほか、インパネデコレーションパネルなどの質感向上が図られた。
「CX-5」に搭載される2.2リッター直4ディーゼルターボエンジンは175psと42.8kgmを発生する。「Lパッケージ」の4WD仕様のJC08モード燃費は18.0km/リッター。
「CX-5」に搭載される2.2リッター直4ディーゼルターボエンジンは175psと42.8kgmを発生する。「Lパッケージ」の4WD仕様のJC08モード燃費は18.0km/リッター。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT) 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
ホームへ戻る