マツダ・ロードスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)/ロードスターSスペシャルパッケージ(FR/6AT)

ライトウェイトスポーツの本分 2015.03.20 試乗記 「軽量コンパクト」という原理原則に立ち返った4代目「マツダ・ロードスター」。2015年6月の販売開始を前に、その走りを試す機会を得た。

最軽量グレードの重さは990kg

横浜で新型ロードスターのプレス試乗会が開かれた。6月の発売まではまだ3カ月あるのに、基地となったホテルのロビーには「ソウルレッド」の一台が展示され、デザイナーのプレゼンテーションもその実車を囲んで行われた。その気ならだれでも聞くことができた公開プレゼンである。

3月20日付で明らかになったのは、スペックと装備と価格。これらが出そろったことで、販売の予約受付も始まった。
4代目になる新型(ND)のハイライトはなんといってもその軽さだ。エンジンを2リッターから1.5リッターにサイズダウンしたとはいえ、3グレードあるうちの最軽量「S」では、先代(NC)の最軽量モデルより120kg軽い990kgを達成している。3915mmの全長は、ロードスター史上最も短く、その2座オープンボディーには、NCより多くのアルミや高張力鋼板が使われた。そのほか、グラム作戦と呼ばれる軽量化を徹底した結果の1トン大台切りである。
エンジンはすでに明らかにされていた131psの1.5リッター4気筒。「アクセラ」用(111ps)をブラッシュアップした直噴ユニットである。

1台90分枠で乗ったのは、いずれも「Sスぺシャルパッケージ」のMTとAT。990kgのSは競争激甚で乗り損ねたが、スペシャルパッケージのMTでも1010kgにとどまる。軽量の広告塔として、SではLSDやリアのスタビライザーが省かれているため、量販モデルは中級グレードのスペシャルパッケージになると思われる。

従来モデルより大幅なサイズダウンが図られた新型「ロードスター」。フロントオーバーハングを切り詰めるため、コンパクトなLEDヘッドランプを採用している。
従来モデルより大幅なサイズダウンが図られた新型「ロードスター」。フロントオーバーハングを切り詰めるため、コンパクトなLEDヘッドランプを採用している。
リアまわりでは、オーバーハングのコーナー部やフェンダー上部を絞り込むことで、力強い台形のフォルムを実現した。
リアまわりでは、オーバーハングのコーナー部やフェンダー上部を絞り込むことで、力強い台形のフォルムを実現した。
運転席まわりは、ドライバーを中心に主要コンポーネンツを左右対称に配置したデザインとなっている。
運転席まわりは、ドライバーを中心に主要コンポーネンツを左右対称に配置したデザインとなっている。
シートについては、乗車スペースのフロア形状を見直すことで、従来モデルより低く、中央に寄せて配置。乗員のヒップポイントは20mm低められた。
シートについては、乗車スペースのフロア形状を見直すことで、従来モデルより低く、中央に寄せて配置。乗員のヒップポイントは20mm低められた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る