【スペック】全長×全幅×全高=4491×1808×1295mm/ホイールベース=2450mm/車重=1415kg/駆動方式=RR/3.8リッター水平対向6DOHC24バルブ(400ps/7400rpm、44.9kgm/5600rpm)(欧州仕様車)

ポルシェ911カレラS(RR/7AT)【海外試乗記】

さらに911らしく 2011.12.01 試乗記 ポルシェ911カレラS(RR/7AT)

ポルシェの大黒柱「911」がフルモデルチェンジを受けた。外観はキープコンセプトの「991型」だが、その中身は? 米カリフォルニア・サンタバーバラから第一印象をお届けする。

スタイリングの妙

すでにテクニカルワークショップの記事でもお伝えしたように、新型「911カレラ」「911カレラS」のボディーサイズの拡大幅は事前のうわさとは違って微増でしかない。全長は56mm延びたものの懸念されていた全幅は1mmたりとも変わっておらず、全高は下がっている。しかしながら、国際試乗会が催されたサンタバーバラで再会した新型911カレラSは、見るからにスーパースポーツ的なオーラを漂わせていてドキッとさせられた。

サイズのせいではないわけだから、つまりこれはスタイリングの妙。サイズアップのうわさは、皆このカタチにまんまとだまされたわけだ。ディテールについてはいろいろ意見はあるだろうが、この一点については誰も文句は言えないだろう。デザイナーの仕事は、うまくいったと評するべきだと思う。

見た目だけじゃない。実際にステアリングを握っても、新型911カレラSは今までよりひとクラス上に移行したような感覚をもたらす。まず視覚的に、フロントウィンドウが前に出てダッシュボードの奥行きが増し、左右フェンダー間の間隔が広がったことで、乗り込んだ瞬間にはサイズ以上に大きなクルマに感じられる。この感覚は覆されるのだが、それについては後述するとして、さらに乗り心地が抜群に良い。電子制御ダンパーのPASMの制御も緻密になっているが、やはり大きいのはホイールベースの延長だろう。姿勢がフラットになり、フロントが上下にバタバタする感じはほぼ消えうせている。全高が低くなった上にルーフがアルミ製とされ、重心が下がったことも貢献しているのは間違いない。

静粛性も高い。これまで911を良くも悪くも特徴づけていたロードノイズは抑え込まれ、風切り音も極小。エンジン音も普段は静かだが、「SPORT」スイッチを押すと、新採用のサウンドシンポーザーによって997後期型の時より格段に澄んだフラット6サウンドが室内へと届けられる。


ポルシェ911カレラS(RR/7AT)【海外試乗記】の画像

ポルシェ911カレラS(RR/7AT)【海外試乗記】の画像
ボディーは全体の44%にアルミを使い、大幅な軽量化が図られた。
ボディーは全体の44%にアルミを使い、大幅な軽量化が図られた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
ホームへ戻る