ホンダ、軽商用車アクティの仕様を変更

2015.03.19 自動車ニュース
「ホンダ・アクティ トラックTOWN」
「ホンダ・アクティ トラックTOWN」 拡大

ホンダ、軽商用車「アクティ」の仕様を変更

本田技研工業は2015年3月19日、軽商用車「アクティ」シリーズの仕様を一部変更し、「アクティ バン」「アクティ トラック」は同日に、「アクティ トラック特装車」は同年4月16日に発売すると発表した。

「アクティ トラック特装車」
「アクティ トラック特装車」 拡大

今回、アクティシリーズについて、以下の装備・仕様変更が実施された。

・ACG制御の変更などにより、燃費を最高18.4km/リッター(JC080モード値)に向上
・アクティ トラックに新色「ナイトホークブラック・パール」を追加
・アクティ トラックTOWNに、IRカット(遮熱)/UVカット機能付きフロントウィンドウガラス、IRカット/スーパーUVカットフロントドアガラス、ハーフシェイドフロントウィンドウガラス、防眩ルームミラーを標準装備
・アクティ トラックSDX/ATTACKに2スピーカーを標準化

価格は、アクティ トラックが「STD」の79万円から「TOWN」の117万9600円まで。アクティ トラック特装車が「パワフル ダンプ」の129万4400円から「フレッシュデリバリー 冷凍R型」の205万9040円まで。

(webCG)

関連キーワード:
アクティトラックホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
  • 第91回:日本独自のクルマ観は世界を変える? 2018.5.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第91回は「日本独自のクルマ観は世界を変える?」。元日産・中村史郎氏インタビュー第6弾。国産車が90%以上を占める日本市場、その特殊な環境から生まれた強みとは!? グローバル視点で考える。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
ホームへ戻る