ホンダ・バモス、仕様変更で燃費向上

2015.03.19 自動車ニュース
「ホンダ・バモスホビオG」
「ホンダ・バモスホビオG」

「ホンダ・バモス」、仕様変更で燃費向上

本田技研工業は、軽商用車「バモス」「バモスホビオ」の仕様を一部変更し、2015年3月19日に発売した。

ワイパブルマット。写真は「バモスホビオPro」のもの。
ワイパブルマット。写真は「バモスホビオPro」のもの。

今回、バモスおよびバモスホビオについて、以下の仕様・装備変更が実施された。

・ACG制御の変更などにより、燃費を最高17.6km/リッター(JC08モード値)に向上
・新色「プレミアムスターホワイト・パール」を追加
・全車にEBD(電子制御動力配分システム)付きABSを標準装備
・バモスホビオGにワイパブルマットを標準化

価格は、バモスが132万円から151万4400円まで。バモスホビオは130万5000円から149万9400円まで。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.16 試乗記 ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……154万5000円

    ちょっとレトロな表情を見せる、ホンダの軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」。そのクルマとしての仕上がりは? 巨匠 徳大寺有恒が確かめた。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
ホームへ戻る