「水野和敏的視点」 vol.92 ポルシェ・マカン ターボ(後編)

2015.03.20 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.92 ポルシェ・マカン ターボ(後編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏。そんな氏が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くすのが『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回も引き続き、ポルシェの新しいコンパクトSUV「マカン」に試乗する。


「水野和敏的視点」 vol.92 ポルシェ・マカン ターボ(後編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.92 ポルシェ・マカン ターボ(後編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.92 ポルシェ・マカン ターボ(後編)の画像
ポルシェ・マカン ターボ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4700×1925×1625mm/ホイールベース:2805mm/車重:1980kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.6リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:400ps/6000rpm/最大トルク:56.1kgm/1350-4500rpm/タイヤ:(前)265/40R21 (後)295/35R21/価格:997万円
ポルシェ・マカン ターボ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4700×1925×1625mm/ホイールベース:2805mm/車重:1980kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.6リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:400ps/6000rpm/最大トルク:56.1kgm/1350-4500rpm/タイヤ:(前)265/40R21 (後)295/35R21/価格:997万円

■スロットルの早開きに疑問あり

前回に続き、「ポルシェ・マカン ターボ」に試乗します。
ステアリングとインテリアに気になるところがあるという話は前編でしましたが、次に気になったのは、スロットルがとんでもなく早開きになっていることです。エンジン側のスロットルバルブがコンピューターの制御によって、ドライバーがスロットルペダルを踏み込む量よりはるかに大きく開くようになっています。出足のよさを強調することを目的に、「過度な演出」と思えるほどのチューニングが入っているのです。

スロットルの早開きは、あまりパワーがないクルマで採られる手段です。SUVをはじめ、ミニバンやセダンに採用された例も多くあります。
この連載で以前テストした「スバル・レヴォーグ」もそうでしたね。スバルは排気量の小さい1.6リッターエンジンではスロットルの早開きを採用し、一方排気量が大きく“走りだしトルク”がしっかりある2リッターエンジンでは採用せず、ペダルの開度とエンジンのスロットルの開度は同じとしています。

マカン ターボの場合は排気量が3.6リッターもあり、ターボにしてもツインターボ化し、タービンを小型にして応答性を上げているわけですから、このような過度の演出が本当に必要だったのか疑問です。今までのポルシェからは想像もできない演出です。

日常的な場面、例えば街中の走行におけるこういったセッティングの使い勝手を想像してみれば、ドライバーは発進時に踏み込んだアクセルペダルを、常に戻す必要に迫られることが予想されます。ドライバーは「マカン ターボはさすがにパワーがあるな」と思うでしょうが、燃費やCO2排出の観点から見れば、非常に効率のよくないことを繰り返している格好になるわけです。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連記事
  • ポルシェ・マカン 2016.4.28 A Life with PORSCHE MACAN<PR> ポルシェのコンパクトSUV「マカン」。手ごろなボディーサイズで人気だが、2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーグレードは639万円という比較的リーズナブルな価格も魅力だ。あらためて同モデルに試乗することで、その価値について考えてみた。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2015.5.14 試乗記 3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載する「ポルシェ・マカン」の最上級グレード「マカン ターボ」に試乗。400psのパワーとポルシェ自慢の制御デバイスが織りなす走りを試す。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
ホームへ戻る