トヨタ・ヴェルファイア ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(4WD/CVT)

日本の景気も引っ張って 2015.03.30 試乗記 2015年1月にフルモデルチェンジを受けたトヨタの高級ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」。今回は、「大胆不敵」なるデザインテーマを掲げたヴェルファイアの最上級グレード「エグゼクティブラウンジ」で、その実力を確かめた。

初期受注のハイブリッド比率は約26%

新型アルファード/ヴェルファイア発売1カ月(2月25日時点)での受注台数は、アルファードが約2万台、ヴェルファイアが約2万2000台で、合計4万2000台。そのうちハイブリッドは約1万1000台。月販目標の6倍ということで、さすがは今や国産高級車の定番にして、一部の層にはカリスマ的な存在感を持つクルマだけに、スタートダッシュは上々……以上の勢いといっていい。
ただ、ここで注目すべきは、そこではないと思う。

この初期受注でのアルファードとヴェルファイアの販売比率は「48:52」という計算になるが、先代の販売比率がモデルライフを通じてほぼ4:6で安定していたことを考えると、アルファード側の巻き返し感が強い。新型ヴェルファイアも従来どおりの上下2段階のヘッドランプでなるほどヴェルファイアだが、顔つきのインパクトは、今回はアルファードのほうが強い。先代ではずっとヴェルファイアに押され気味だったアルファードだけに、販売現場(=トヨペット店)からは「今度はアルファードも押し出しの強いデザインにしてくれ」という要望があったんだとか。

また、ハイブリッド比率は約26%。先代におけるハイブリッドの販売比率が約2割だったから、今のところは、じわりとハイブリッドが伸ばしている印象だ。つまり、初期受注から見える新型アルファード/ヴェルファイアの特徴は「モデルやグレード別の人気は、基本的には先代同様だが、アルファードとハイブリッドが伸びている」ということだ。

さて、今回の試乗車はそれでもアルファードより売れ行きのいいヴェルファイアに、新型で話題となった“最高級社長車シート”を備えたエグゼクティブラウンジである。エグゼクティブラウンジはハイブリッドとV6に設定されるが、今回はハイブリッドである。

搭載されるパワーユニットは、2.5リッター直4エンジンを中心に前1基、後ろ1基のモーターを組み合わせた電気式四輪駆動のハイブリッドシステム。197psのシステム最高出力を発生する。
搭載されるパワーユニットは、2.5リッター直4エンジンを中心に前1基、後ろ1基のモーターを組み合わせた電気式四輪駆動のハイブリッドシステム。197psのシステム最高出力を発生する。
オリーブ・アッシュバールの木目調パネルは「エグゼクティブラウンジ」専用となる。
オリーブ・アッシュバールの木目調パネルは「エグゼクティブラウンジ」専用となる。
「エグゼクティブラウンジ」にはセミアニリン本革シートが装備される。
「エグゼクティブラウンジ」にはセミアニリン本革シートが装備される。
2列目の「エグゼクティブラウンジシート」。パワーリクライニングのほか、ベンチレーション機能、格納式テーブルなどが備わる。
2列目の「エグゼクティブラウンジシート」。パワーリクライニングのほか、ベンチレーション機能、格納式テーブルなどが備わる。
3列目シートの乗車定員は3人となる。
3列目シートの乗車定員は3人となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴェルファイアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る