トヨタ・ヴェルファイア ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(4WD/CVT)

日本の景気も引っ張って 2015.03.30 試乗記 2015年1月にフルモデルチェンジを受けたトヨタの高級ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」。今回は、「大胆不敵」なるデザインテーマを掲げたヴェルファイアの最上級グレード「エグゼクティブラウンジ」で、その実力を確かめた。

初期受注のハイブリッド比率は約26%

新型アルファード/ヴェルファイア発売1カ月(2月25日時点)での受注台数は、アルファードが約2万台、ヴェルファイアが約2万2000台で、合計4万2000台。そのうちハイブリッドは約1万1000台。月販目標の6倍ということで、さすがは今や国産高級車の定番にして、一部の層にはカリスマ的な存在感を持つクルマだけに、スタートダッシュは上々……以上の勢いといっていい。
ただ、ここで注目すべきは、そこではないと思う。

この初期受注でのアルファードとヴェルファイアの販売比率は「48:52」という計算になるが、先代の販売比率がモデルライフを通じてほぼ4:6で安定していたことを考えると、アルファード側の巻き返し感が強い。新型ヴェルファイアも従来どおりの上下2段階のヘッドランプでなるほどヴェルファイアだが、顔つきのインパクトは、今回はアルファードのほうが強い。先代ではずっとヴェルファイアに押され気味だったアルファードだけに、販売現場(=トヨペット店)からは「今度はアルファードも押し出しの強いデザインにしてくれ」という要望があったんだとか。

また、ハイブリッド比率は約26%。先代におけるハイブリッドの販売比率が約2割だったから、今のところは、じわりとハイブリッドが伸ばしている印象だ。つまり、初期受注から見える新型アルファード/ヴェルファイアの特徴は「モデルやグレード別の人気は、基本的には先代同様だが、アルファードとハイブリッドが伸びている」ということだ。

さて、今回の試乗車はそれでもアルファードより売れ行きのいいヴェルファイアに、新型で話題となった“最高級社長車シート”を備えたエグゼクティブラウンジである。エグゼクティブラウンジはハイブリッドとV6に設定されるが、今回はハイブリッドである。

搭載されるパワーユニットは、2.5リッター直4エンジンを中心に前1基、後ろ1基のモーターを組み合わせた電気式四輪駆動のハイブリッドシステム。197psのシステム最高出力を発生する。
搭載されるパワーユニットは、2.5リッター直4エンジンを中心に前1基、後ろ1基のモーターを組み合わせた電気式四輪駆動のハイブリッドシステム。197psのシステム最高出力を発生する。
オリーブ・アッシュバールの木目調パネルは「エグゼクティブラウンジ」専用となる。
オリーブ・アッシュバールの木目調パネルは「エグゼクティブラウンジ」専用となる。
「エグゼクティブラウンジ」にはセミアニリン本革シートが装備される。
「エグゼクティブラウンジ」にはセミアニリン本革シートが装備される。
2列目の「エグゼクティブラウンジシート」。パワーリクライニングのほか、ベンチレーション機能、格納式テーブルなどが備わる。
2列目の「エグゼクティブラウンジシート」。パワーリクライニングのほか、ベンチレーション機能、格納式テーブルなどが備わる。
3列目シートの乗車定員は3人となる。
3列目シートの乗車定員は3人となる。
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
ホームへ戻る