第15回:フィアットとジープの新型車に注目
インポーターに聞きました~FCA編~

2015.03.24 特集

新たに「FCA」としてスタートを切った2015年のフィアット&クライスラー。5年連続で2ケタ増と、好調に推移する日本市場での次なる一手とは? 注目のニューモデルの情報とともにリポートする。

2014年に登場した新型「ジープ・チェロキー」。都会派SUVと思われがちだが、本格的なオフロード性能を持つグレード「トレイルホーク」も存在する。
「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」に追加された、最高出力240psの高性能グレード「クアドリフォリオ ヴェルデ」。写真は2015年のオートサロンで発表された限定モデルの「ローンチエディション」。
日本に導入が予定されているコンパクトSUVの「フィアット500X」。
ジープのコンパクトSUV「レネゲード」。ワイドレンジの9段ATと4WDの組み合わせにより、十分なオフロード性能も備えているという。
FCAジャパンで広報を務める黒岩真治さん。「FCAジャパンにとって1年目となる2015年は、よりエキサイティングで美しいクルマを皆さまにお届けしたいと思います」

好調のけん引役は新型「ジープ・チェロキー」

――昨年(2014年1月~12月)の日本市場における販売状況はいかがでしたか? またFCAにとってどんな年になりましたか?

当社5ブランドの2014年の販売台数は1万8000台に達し、5年連続で2ケタ成長を達成しました。販売ネットワークの拡充も進んでおり、2014年末時点で、2012年末と比較して30%増の190店舗に広がりました。

――好調をけん引したものとしては、どのようなモデルが挙げられますか?

2014年5月に販売を開始した新型「ジープ・チェロキー」です。チェロキーはもともと国産車からの乗り換えが多かったモデルなのですが、新型では、他のジープ車から乗り換えられる方も多く見られます。既存のチェロキーとは全く違う、新しいカテゴリーのモデルですので、「こんなジープが欲しかった」という方がいるのかもしれません。
チェロキーの好調もあって、ジープブランドの2014年販売台数は前年対比36%増と、大きく成長しました。今年も引き続き戦略モデルを投入し、さらなる成長を目指していますので、期待していてください。

また本年は、アルファ・ロメオブランドについても、よりマーケティングや販売を強化してまいります。スタートダッシュとして、本年1月「ジュリエッタ」の上級グレードである新型「クアドリフォリオヴェルデ」を発表しました。

――今年導入を予定している車種、注目の車種にはどのようなものがありますか?

フィアットの新モデルとジープの新モデルを、年央から後半に導入する予定です。両モデルとも、日本での需要や人気が高い小型SUVであり、期待しています。特にジープについては、ブランドの名に恥じない走破性能も備えていますので、四駆としての機能性を重視されるお客さまにもお薦めです。

――全国の『webCG』読者に一言お願いします!

FCAジャパンとして初めての年となる2015年は、よりエキサイティングで美しいクルマを日本のお客さまにお届けしたいと思っています。また、より多くの方々に当社のブランドを認知し、好きになっていただくため、お客さまとの最大の接点である正規ディーラー店舗の拡充を引き続き重点施策として進めてまいります。ぜひとも、最寄りのショールームにお越しください。

(インタビューとまとめ=webCG 堀田剛資/写真=峰 昌宏、FCA)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2015」の過去記事リストへ