ポルシェ・ケイマンGT4(MR/6MT)

真打ち登場 2015.03.31 試乗記 「ポルシェ・ケイマン」の下克上か!? 「911 GT3」からシャシーとブレーキを受け継ぎ、「911カレラS」のエンジンを搭載するスーパーケイマン「GT4」が現れた。その911譲りの“フィジカル”を、ポルトガルの一般道とサーキットで試した。

すべてのポルシェは「911」に通ず

ポルシェの魂の中心は、「911」にこそ宿る――それは、これまでの歴史からも明確な事柄だし、この先も変わることはないはずだ。

しかし、2002年に「カイエン」がローンチされて以降、このブランドの“稼ぎ頭”はもはやスポーツカーではなく、SUVへと移行している。このところ売り上げの伸長著しい中国などでは、「ポルシェというブランドはSUVのメーカーだと思われている」という声すら聞くほどだ。

一方で、かつて空冷式エンジン搭載の911による“一本足打法”に頼ってきたこのブランドが、そうしたやり方ゆえに深刻な危機に見舞われ、倒産一歩手前の状況にまで陥ったのもまた事実。

かくして、他に類を見ない歴史と伝統に裏打ちされた911を、ブランドすべての根源かつ揺るぎないシンボリックな存在として据えつつも、それと並行するカタチでミドシップの2シータースポーツカーや、ポルシェにとって積年の夢でもあった「4枚のドアを備え、4人がゆったりと乗れる」SUVやサルーンなど、新しいカテゴリーのモデルを次々と投入した。

入念なマーケティングの末にローンチされたそれらを全てヒットさせることで、今へと続く好調な業績を実現させる……それが、今のポルシェ社のあり方なのだ。

2015年3月のジュネーブショーでお披露目された「ケイマンGT4」。日本ではそれに先行する2月11日に予約受注が始まった。車両価格は1064万円。
2015年3月のジュネーブショーでお披露目された「ケイマンGT4」。日本ではそれに先行する2月11日に予約受注が始まった。車両価格は1064万円。
トランスミッションは6段MTのみ。「918スパイダー」風のデザインのステアリングの直径はシリーズで最も小さい360mm。
トランスミッションは6段MTのみ。「918スパイダー」風のデザインのステアリングの直径はシリーズで最も小さい360mm。
大型の固定式リアスポイラーはカーボン製。アルミのステーでハッチゲートに取り付けられている。角度調整が可能。
大型の固定式リアスポイラーはカーボン製。アルミのステーでハッチゲートに取り付けられている。角度調整が可能。
試乗の舞台はポルトガル。一般道のほか、南ポルトガルのアルガルヴェ国際サーキットも走行した。
試乗の舞台はポルトガル。一般道のほか、南ポルトガルのアルガルヴェ国際サーキットも走行した。
関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】NEW 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ・ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2015.12.30 試乗記 「ポルシェ・ケイマン」のトップグレード「GT4」に試乗。「911カレラS」のエンジンや「911 GT3」ゆずりの足まわりを得て、MRスポーツカーの走りはどのように仕上がったのか?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
ホームへ戻る