第16回:今年はデカくて速いクルマに注目!
インポーターに聞きました~ゼネラルモーターズ編~

2015.03.26 特集

パワフルなアメリカ車が復活? 豪華絢爛(けんらん)な高級フルサイズSUVや、600psオーバーのスーパースポーツなど、2015年のゼネラルモーターズは、注目モデルの日本導入がめじろ押しだ。

2014年に発売された「キャデラックCTS」。日本仕様の上級グレード「プレミアム」には、4WDの駆動方式が採用されている。
2014年に発売された「キャデラックCTS」。日本仕様の上級グレード「プレミアム」には、4WDの駆動方式が採用されている。
2015年3月発売の「キャデラックATSクーペ」。日本仕様は上級グレードの「プレミアム」のみとなっている。
2015年3月発売の「キャデラックATSクーペ」。日本仕様は上級グレードの「プレミアム」のみとなっている。
キャデラックのフルサイズSUV「エスカレード」。新型は4代目に当たる。
キャデラックのフルサイズSUV「エスカレード」。新型は4代目に当たる。
「シボレー・コルベット」の高性能グレードである「Z06」。659psの最高出力を発生する、過給器付き6.2リッターV8エンジンが搭載される。
「シボレー・コルベット」の高性能グレードである「Z06」。659psの最高出力を発生する、過給器付き6.2リッターV8エンジンが搭載される。
ゼネラルモーターズ・ジャパン コミュニケーションズディレクターのジョージ・ハンセンさん。
ゼネラルモーターズ・ジャパン コミュニケーションズディレクターのジョージ・ハンセンさん。

キャデラックからもシボレーからも気になる新型車が

――昨年(2014年1月~12月)の日本市場における販売状況はいかがでしたか?

消費増税などの影響はありましたが、新型の「シボレー・コルベット」や「キャデラックCTS」など、各ブランドを代表する人気モデルの導入により、前年比でほぼ横ばいを維持できました。

――販売をけん引したモデル、注目のモデルとしては、どの車種が挙げられますか?

キャデラックでは「ATS」や「CTS」といった、ブランドの中軸を担うスポーツセダンが販売をけん引していますが、米国のミドルサイズ高級SUVセグメントでトップを競う人気モデル「SRXクロスオーバー」もお薦めです。また、2014年春に日本デビューした「シボレー・コルベット」については、8段ATを搭載した改良モデルを昨年末から販売しています。

――今年導入を予定しているモデルはありますか?

今年はまず、1月に「キャデラックCTSプレミアム」を発売しました。自動緊急ブレーキや各種警告システム、アダプティブクルーズコントロールなど、安全や運転支援にまつわる最新の装備を備え、さらにアクティブオンデマンドAWDシステムの搭載により、雨、雪などの天候のもとでも、高い安全性を実現しています。

また、3月には「キャデラックATSクーペ」を発売します。クーペはキャデラックの長い歴史の中でも重要な位置づけとなるモデルで、(歴代のクーペと同じく)今回のATSクーペも美しいボディースタイルを特徴としています。キャデラックのモデルとしては、このほかにもフルサイズSUVの「エスカレード」を導入します。これらの車種には、携帯端末用のワイヤレス充電の機能が装備されています。

一方、シボレーブランドでは、ルマン24時間耐久レースにも出場しているレースカー「コルベットC7.R」と並行して開発された、「コルベットZ06」を日本市場に導入します。最高出力659ps、最大トルク89.8kgmを誇るハイパフォーマンス・スポーツカーですので、ぜひご期待ください。

(インタビューとまとめ=webCG 堀田剛資/写真=峰 昌宏、ゼネラルモーターズ)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2015」の過去記事リストへ