ホンダS660 β(MR/6MT)/ホンダS660 α(MR/CVT)

隔世の感あり 2015.03.30 試乗記 これは2代目「ビート」にあらず。ホンダが満を持して投入した軽規格のミドシップスポーツカー「S660」の実力を、サーキットで試した。

若手開発責任者の挑戦

軽のミドシップのオープン2シーターというスペックを聞いただけで、24年前、筆者は写真すら見たことがないホンダ・ビートを注文した。そのビートが発売された91年に2歳だったという若きホンダマンがまとめたのがS660である。

主査にあたるLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)の椋本 陵(むくもと りょう)さん。26歳。2010年6月に開かれた本田技術研究所の新商品提案企画コンテストで、彼の出した「軽のスポーツカー」のアイデアが所員投票によるグランプリに選ばれる。そのままLPLを仰せつかったのが翌年の2月。高校を出て、ホンダに入り、毎日、クレイモデルの粘土を削っていたモデラーの大抜てきである。

なにしろ、お父さん世代のクルマなので、ビートの新型をつくったつもりはまったくないと椋本LPLは言った。ビートは手動ソフトトップのフルオープンだったが、S660はリアウィンドウを持つタルガトップである。オープンボディーありきではなく、理想のスポーツカーをつくろうとしたら、行きつくところがこのカタチだったという。

正式発表の1カ月前、熊本製作所内にあるサーキット「HSR九州」で、S660に試乗した。開発チームの意向はどうあれ、「息子世代のつくった2代目ビート」の仕上がりやいかに、というのが筆者の個人的興味だった。

「S660」のリアビュー。2013年の東京モーターショーで発表された「S660コンセプト」のデザインを色濃く残している。
「S660」のリアビュー。2013年の東京モーターショーで発表された「S660コンセプト」のデザインを色濃く残している。
黒を基調としたインテリア。底部をフラットにした、Dシェイプの小径ステアリングホイールが装備されている。
黒を基調としたインテリア。底部をフラットにした、Dシェイプの小径ステアリングホイールが装備されている。
「S660」のLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)を務めた本田技術研究所 四輪R&Dセンターの椋本 陵氏。
「S660」のLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)を務めた本田技術研究所 四輪R&Dセンターの椋本 陵氏。

ホンダS660 β(MR/6MT)/ホンダS660 α(MR/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S660の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る