「トヨタ86コンセプト」。スバルと共同開発される新型のスポーツカーだ。
トヨタはエコカーからスポーツカーまで展示

トヨタはエコカーからスポーツカーまで展示

トヨタ自動車は、2011年11月30日のプレスデイで幕開けした第42回東京モーターショーで、「FUN TO DRIVE, AGAIN.」のテーマのもと、FRスポーツクーペ「86(ハチロク) プロトタイプ」や「プリウス・プラグインハイブリッド」の量販型など、さまざまな車両の展示を行った。

プレスカンファレンスに臨む、トヨタ自動車の豊田章男社長。
トヨタはエコカーからスポーツカーまで展示
「トヨタ・プリウス プラグインハイブリッド」
トヨタはエコカーからスポーツカーまで展示
「トヨタ・アクア」
トヨタはエコカーからスポーツカーまで展示

レクサスブースに隣接したトヨタブース。レクサスに続いて登壇したトヨタの豊田章男社長は、「将来のクルマの動力源がひとつに集約されることはなく、さまざまな仕組みで動くようになるだろう。個人的にはガソリンの匂いが大好きだから、内燃機関のクルマをなくしたくはない」などと述べた。

また、円高や災害など、国内外のいくつもの厳しい状況に対し、「現在、弊社のCMにドラえもんを使わせていただいているが、真のドラえもんは日本のものづくりなのではないだろうか。ものづくりの底力を信じたい。我々はタイからも東北からも退かない」と力強く決意表明して締めくくった。

トヨタの主な展示車両は6台。メインステージには3台が載せられた。中央には同社のマイクロカー「iQ」をベースにEV化し、来年の市場導入を目指す「FT-EVIII」(リチウムイオンバッテリー搭載で航続距離105kmを想定)を、脇には2012年1月30日に発売する「プリウス・プラグインハイブリッド」と、2015年の市場導入を目指す水素燃料電池車「FCV-R」(JC08モードで航続距離700km以上を達成)を展示。

これら3台のエコカーに先立ちヴェールを脱いだのが、話題のFRスポーツクーペ「86(ハチロク)プロトタイプ」。スバルブースでは共同で開発された「BRZ」も発表され、市販される姿が同時にお披露目となった。1.5リッターエンジン+モーターをコンパクトなボディーに載せ、JC08モード燃費35.4km/リッター(10・15モード燃費40.0km/リッター)の「AQUA(アクア)」(日本以外では「プリウスC」として発売)も世界で初めて公開された。

このほか、外部からの操作によってボディーサイドに大きく画像などを表示することができる、ネットワーク技術の未来を予感させるコンセプトカー「Fun-Vii」も披露された。

(文=塩見智/写真=峰昌宏)

トヨタはエコカーからスポーツカーまで展示

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。