空色と若草色のトヨタ・クラウン受注開始

2015.03.25 自動車ニュース
「トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートS “空色edition”」
「トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートS “空色edition”」

空色と若草色の「トヨタ・クラウン」受注開始

トヨタ自動車は「クラウン」の誕生60周年を記念し、ボディーカラーに空色と若草色を採用した2種の特別仕様車“空色edition”と“若草色edition”の注文を2015年4月1日から30日まで受け付ける。生産開始は2015年6月の予定。(関連ニュースはこちら

「トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートS “若草色edition”」
「トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートS “若草色edition”」
白い本革シートが採用される(写真は“空色edition”)。
白い本革シートが採用される(写真は“空色edition”)。

■CM登場車両をイメージ

ベースは「ハイブリッド アスリートS」(FR)と「ハイブリッド アスリートS Four」(4WD)。クラウンのテレビCMに登場する車両をイメージして開発された。同車に乗った時に感じられる爽快感や開放感を象徴する色として、空色と若草色を設定したという。

そのほか、外装にはブラック塗装を施したフロントグリル(格子部分)や、ブラックスパッタリング工法で塗装した18インチアルミホイールなどの装備を与えた。

内装にも白い本革シートを採用したり、インストゥルメントパネルサイドとドアトリムにボディー色に合わせた専用ステッチを施すなど、「誕生60周年の記念にふさわしい特別感を備えた仕様」(トヨタ自動車)とした。価格は555万~576万6000円。

(webCG)

→“空色edition”と“若草色edition”の写真(カースコープ)はこちら。

関連キーワード:
クラウン アスリートトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • ボルボV90 T8 Twin Engine AWD インスクリプション(4... 2017.11.21 試乗記
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記