ホンダS660 開発者インタビュー

クルマ好きに世代は関係ない 2015.03.26 試乗記 本田技術研究所 四輪R&Dセンター
LPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)
椋本 陵(むくもと りょう)さん

話題の軽スポーツカー「S660」が間もなくデビュー。開発の裏にあるさまざまなエピソードを、若き開発責任者に聞いた。

みんな軽のスポーツカーが作りたかった

――S660の開発は、本田技術研究所の50周年を記念した新商品提案コンペで、椋本さんの応募案が優勝したことがきっかけになったそうですね。コンペには、ほかにどんな案が出ていたのですか?

椋本 陵氏(以下、椋本):応募が全部で800件、そのうちの400件が四輪の商品だったんですけど、実は1位から3位までは、全部軽のスポーツカーだったんですよ(笑)。

応募案は、まず実行委員の書類審査で10案に、研究所(本田技術研究所)の所員の人気投票で3案に絞り込まれて、最後にプレゼンによる役員審査で1位が決まる形になっていたんですけど……要するに、研究所の所員はみんな、軽のスポーツカーが作りたかったんですよ。人気投票で軽スポーツの企画しか残らなかったということは。

――他の2案と椋本さんの案では、何が違ったんですか?

椋本:他の案には、新技術の導入とか、詳細なスペックとかがきっちり書き込んであったのに対して、僕の案は漠然としたものでした。目新しいものは何もないし、内容も「こんなんでいいのかよ?」っていうくらい薄かったと思います。その代わり、このクルマに込めた思いだけは、とにかく強くうたったんです。

自分たちの世代がホンダから離れている、ホンダがそういう人たちから離れているということを、当時の僕はすごく感じていました。でも、自分たちがあこがれていた頃のホンダは、とにかく元気で、若い人たちに積極的に選ばれるブランドだったはずなんです。だから「今あらためて、自分たちの世代が欲しいと思えるクルマを作ろうぜ」という、中身はないけど思いはMAXな企画書を出してみたんです。そうしたら、(所員投票の)得票数がぶっちぎりの1位でした(笑)。

坂元 玲氏(以下、坂元):椋本の案には、みんなが想像できる空白の部分があったんです。他の2案は詳細なスペックがあって、キレイなイラストもあったんですが、他の所員が夢を膨らませられる余地がなかった。そこが共感を得にくかったんだと思います。

――なるほど。ところで、椋本さんは今26歳ですか。

椋本:はい。6月で27歳になります。

――やりにくくはなかったですか? 他のメンバーはほとんど年上ですよね?

椋本:確かに自分が最年少ですが、どうでしょう。チーム内で意思疎通ができるかについては、年齢はあんまり関係ないんじゃないかと思います。

軽規格のオープンスポーツモデルである「ホンダS660」。
軽規格のオープンスポーツモデルである「ホンダS660」。
「S660」は、本田技術研究所の50周年を記念した新商品提案コンペにおいて、椋本LPLが応募した軽スポーツカーの企画が原案となっている。
「S660」は、本田技術研究所の50周年を記念した新商品提案コンペにおいて、椋本LPLが応募した軽スポーツカーの企画が原案となっている。
「S660」のインテリア。ルーフには取り外し式のソフトトップを採用している。
「S660」のインテリア。ルーフには取り外し式のソフトトップを採用している。
椋本LPLとともにインタビューに対応してくれた、衝突安全担当の坂元 玲(さかもと れい)氏。大の二輪好きで、その経験が「S660」の設計にも大いに役立ったという。
椋本LPLとともにインタビューに対応してくれた、衝突安全担当の坂元 玲(さかもと れい)氏。大の二輪好きで、その経験が「S660」の設計にも大いに役立ったという。
<プロフィール>
ミニ四駆でクルマの魅力に目覚め、小学校で読んだ本田宗一郎の伝記に感銘を受けてホンダで働くことを決意する。2007年、晴れてモデラーとして本田技術研究所に入社。2010年に開催された新商品提案コンペでグランプリを獲得し、翌年、同プロジェクトのLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)に就任する。マイカーは「ホンダS2000」と「エレメント」。
<プロフィール>
    ミニ四駆でクルマの魅力に目覚め、小学校で読んだ本田宗一郎の伝記に感銘を受けてホンダで働くことを決意する。2007年、晴れてモデラーとして本田技術研究所に入社。2010年に開催された新商品提案コンペでグランプリを獲得し、翌年、同プロジェクトのLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)に就任する。マイカーは「ホンダS2000」と「エレメント」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S660の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】 2015.6.1 試乗記 ちまたで話題の「ホンダS660」を、フェラーリマニアとして知られるモータージャーナリスト 清水草一は「これまでなかったスーパーカー」と評価する。その理由は……?
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る