第285回:「アルト ターボRS」に歴史あり! ~スズキ“ハイパフォーマンス軽”の系譜をたどる(前編)

2015.03.27 エディターから一言
1970年「フロンテSSS」。68年に登場したフロンテ初のホットモデルである「SS360」のマイナーチェンジ版。
1970年「フロンテSSS」。68年に登場したフロンテ初のホットモデルである「SS360」のマイナーチェンジ版。

2015年3月11日、スズキは、個性的なスタイリングの新型「アルト」をベースとした高性能モデル「アルト ターボRS」を発売した。
スズキにとっては久々のスポーティーな軽であるが、走りにこだわるこうしたモデルは、これまでもたびたび見られたもので、1960年代後半に出た「フロンテSS360」や、その後の「フロンテ クーペ」、歴代「アルトワークス」など、当時話題となったモデルは数多い。

具体的に、過去、どんなホットモデルがあっただろうか? 読者諸兄の記憶には、どのモデルが残っているだろうか? ここで、スズキが世に送り出したハイパフォーマンス軽の変遷を振り返ってみよう。

1955年に登場したスズキ初の四輪にして軽自動車である「スズライトSF」。16psを発生する空冷2ストローク2気筒エンジンで前輪を駆動した。当時国産の自動車用でもっとも小径だったという16インチのホイール/タイヤが目立つ。このセダンのほかにハッチバッククーペ風のライトバンとピックアップもあった。
1955年に登場したスズキ初の四輪にして軽自動車である「スズライトSF」。16psを発生する空冷2ストローク2気筒エンジンで前輪を駆動した。当時国産の自動車用でもっとも小径だったという16インチのホイール/タイヤが目立つ。このセダンのほかにハッチバッククーペ風のライトバンとピックアップもあった。
1962年「スズライトフロンテ360(TLA)」。くしくも「ミニ」と同じ59年に誕生した商用バンの「スズライトTL」をベースにした軽乗用車。前輪を駆動する空冷2ストローク2気筒360ccエンジンは21psを発生。ホイール/タイヤは他社の軽がみな10インチだったのに対して12インチだった。
1962年「スズライトフロンテ360(TLA)」。くしくも「ミニ」と同じ59年に誕生した商用バンの「スズライトTL」をベースにした軽乗用車。前輪を駆動する空冷2ストローク2気筒360ccエンジンは21psを発生。ホイール/タイヤは他社の軽がみな10インチだったのに対して12インチだった。

軽のパイオニア

スズキは1955年に自身初の四輪車となる軽自動車「スズライトSF」を発売した。現存する自動車メーカーのなかでは、最も早い軽市場への参入となる。またスズライトSFは前輪駆動(FF)を採用しており、国産FF車のパイオニアでもあった。

その後62年に登場した「スズライトフロンテ360」の空冷2ストローク2気筒エンジンは、当時の軽では最強の21psを発生。翌63年に鈴鹿サーキットで開かれた第1回日本グランプリでは、下馬評では優勢とされ予選でも速かった「スバル360」を抑えて優勝した。スズキは60年から二輪世界グランプリに参戦しており、2ストロークエンジンのチューニングとレースにおける駆け引きを会得していたことが勝因と思われるが、肝心の市場では地味な存在だった。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.5.7 試乗記
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.4.1 試乗記