「水野和敏的視点」 vol.93 フェラーリ458スペチアーレ(前編)

2015.03.27 mobileCG
 
「水野和敏的視点」 vol.93 フェラーリ458スペチアーレ(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.93 フェラーリ458スペチアーレ(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏。そんな氏が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くすのが『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回は「フェラーリ458」シリーズの頂点に君臨する「458スペチアーレ」に試乗する。

 
「水野和敏的視点」 vol.93 フェラーリ458スペチアーレ(前編)の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.93 フェラーリ458スペチアーレ(前編)の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.93 フェラーリ458スペチアーレ(前編)の画像
フェラーリ458スペチアーレ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4571×1951×1203mm/ホイールベース:2650mm/車重:1290kg/駆動方式:MR/エンジン:4.5リッターV8 DOHC 32バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:605ps/9000rpm/最大トルク:55.1kgm/6000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 (後)305/30ZR20/価格:3390万円
フェラーリ458スペチアーレ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4571×1951×1203mm/ホイールベース:2650mm/車重:1290kg/駆動方式:MR/エンジン:4.5リッターV8 DOHC 32バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:605ps/9000rpm/最大トルク:55.1kgm/6000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 (後)305/30ZR20/価格:3390万円

■458シリーズの究極形

V8エンジンを搭載するフェラーリといえば、先週閉幕したジュネーブショーで458シリーズの後継となる「488GTB」が発表されましたね。このモデルで注目すべき点は、V8フェラーリもとうとうターボ時代に入ったということでしょう。3.9リッターV8ターボユニットは670psを発生し、0-100km/h加速は3.0秒と、今回試乗する「458スペチアーレ」とまったく同じ数値がうたわれています。

この488GTBの登場によって、自然吸気(NA)エンジンを搭載するミドシップフェラーリが過去のものとなってしまうのかどうか、それは「神のみぞ知る」、いや「フェラーリのみぞ知る」ところです。それはともかく、NAエンジンのフェラーリの、ひとつの到達点として「458スペチアーレ」を記憶しておくのは意義あることと考え、今回テストすることにしました。

458スペチアーレとは、その名の通り、458のスペシャルバージョンです。ノーマル458の4.5リッターV8は、最高出力570ps/9000rpm、最大トルク55.1kgm/6000rpmを発生しますが、458スペチアーレのそれは、最高出力605ps/9000rpm、最大トルク55.1kgm/6000rpmを絞り出します。ピストン、クランクシャフト、そしてカム形状を変更し、吸排気系をファインチューニング。圧縮比も引き上げることで、リッター当たり134ps(!)を実現しています。加えて、エンジン全体で8kgの軽量化を果たしています。

また、458スペチアーレは空力的にもおもしろいチャレンジをしています。フロントバンパーのセンター下部に「水平」「垂直」、2種類のフラップを設け、速度に応じて開閉させます。速度が170km/hを超えると、垂直フラップがラジエーターへの気流を必要最小限に絞り、さらに220km/h以上になると、水平フラップが下がってリアのダウンフォースとのバランスを取ります。
一方、リアのディフューザーにも17度の範囲で開閉可能なフラップが備わります。特別なアルゴリズムに従い、ダウンフォースが必要なときは上がり、抵抗を減らしたい場合には下がります。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【レビュー】 2017.7.26 試乗記 さらなるパワーと洗練を得て「ランボルギーニ・アヴェンタドール」が「アヴェンタドールS」に進化した。その実力を試す舞台に選ばれたのは鈴鹿サーキットだったが、ご覧のとおりの悪天候。このコンディションだと、いかに「S」といえども……。
ホームへ戻る