ヨットレースを記念したボルボの限定車発売

2015.03.27 自動車ニュース
「ボルボV40オーシャンレース エディション」(オーシャンブルーメタリックII)
「ボルボV40オーシャンレース エディション」(オーシャンブルーメタリックII)

ボルボが特別限定車「V40オーシャンレース エディション」を発売

ボルボ・カー・ジャパンは2015年3月26日、「V40」シリーズの特別限定車「V40オーシャンレース エディション」の販売を開始した。300台の限定で、価格は398万円。

左右のフロントフェンダーに装着される専用エンブレム。
左右のフロントフェンダーに装着される専用エンブレム。
専用本革シートにはオレンジのステッチとロゴが入る(写真のシート色はブロンド)。
専用本革シートにはオレンジのステッチとロゴが入る(写真のシート色はブロンド)。
内装のセンターパネル(センタースタック)はアルミとなり、右縁に小さくVORの寄港地名が記されている。
内装のセンターパネル(センタースタック)はアルミとなり、右縁に小さくVORの寄港地名が記されている。
“ポートナス”と呼ばれるスペシャルデザインアルミホイールが装着される。
“ポートナス”と呼ばれるスペシャルデザインアルミホイールが装着される。

■「オーシャンレース」をイメージさせる装備を満載

オーシャンレース エディションは、ボルボがオーガナイザーを務める世界一周ヨットレース「ボルボ・オーシャンレース(VOR)」の開催を記念して作られる特別限定車。2001年に「V70XC」(当時)ベースの限定車が発売されて以来、今回で5回目となる。V40がベースになるのは今回が初めて。

ベース車両は「V40 T4 SE」のレザーパッケージ装着車(車両本体価格は386万円)。ボディーカラーは大海原をイメージした専用色「オーシャンブルーメタリックII」のほか、「クリスタルホワイトパール」の計2色が用意される。オーシャンレースにちなんださまざまな装備が盛り込まれるだけでなく、通常モデルだとオプションになるパノラマ・ガラスサンルーフや歩行者エアバッグなども標準で装着される。専用の仕様や装備は次のとおり。

<外装>
・専用ボディーカラー(オーシャンブルーメタリックII、クリスタルホワイトパール)
・専用エンブレム ※左右のフロントフェンダーに装着。
・スペシャルデザインアルミホイール:7.0J×17“Portunus(ポートナス)”ダイヤモンドカット/ダークグレー ※タイヤサイズは205/50R17で最小回転半径は5.2mとなる。

<内装>
・専用本革シート(チャコールまたはブロンド) ※一部にテキスタイルを使用。
・専用アルミニウムパネル(VORの寄港地名入り)
・専用フロントスカッフプレート(VORロゴ入り)
・専用フロアマット(オレンジステッチとロゴ入り)
・Volvo Sensus(ボルボ・センサス)のVORロゴ ※起動時に表示。

<機能・装備>
・パノラマ・ガラスルーフ
・フロント・パワーシート
・歩行者エアバッグ
・PCC(パーソナル・カー・コミュニケーター)キーレスドライブ

(webCG)

→「ボルボV40オーシャンレース エディション」の詳しい写真(カースコープ)はこちら

関連キーワード:
V40ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 徹底検証! ボルボのディーゼル ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • 第5回:伊勢・志摩のドライブシーンを写真で紹介 2014.9.18 最新ボルボで 爽快ドライブ! ボルボで名だたる道を駆け、あこがれの場所に行く。その風景を写真で紹介する。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第7回:エコランでV40 D4の燃費を確かめる 2015.8.10 徹底検証! ボルボのディーゼル
  • 第4回:「V40」で伊勢・志摩を訪ねる 2014.9.18 最新ボルボで 爽快ドライブ!