第95回:ジーナ・カラーノ見参! 強い女が愛する夫を救う
『ブライド・ウエポン』

2015.03.27 エッセイ

本物の女性格闘家がヒロイン

美女とイケメンが飛行艇でカリブ海のリゾートに新婚旅行。夫の家は裕福で、海辺に別荘を持っているのだ。ラブラブな新婚さんはビーチでいちゃついたりバギーで森の中を走り回ったり。別荘に帰れば、ベッドルームで甘いひとときを過ごす。ラブロマンス映画のようだが、それにしてはお嫁さんがやたらにいい身体をしている。セクシーボディーというより、ガタイがよくて強そうだ。

それも当然で、ヒロインのエバを演じているのは本物の格闘家ジーナ・カラーノなのだ。大学在学中にダイエット目的でムエタイを始めると、素質が開花して14戦12勝1敗1分という成績をあげる。総合格闘技に転向しても7連勝し、ミドル級王座まであと一歩に迫った。彼女の強さにほれ込んだのが、スティーブン・ソダーバーグ監督だ。2011年にカラーノを主役に抜てきして『エージェント・マロリー』を撮っている。

カラーノは『ワイルド・スピード EURO MISSION』にも出演していて、主演はこの映画が2作目となる。ラブロマンス映画ではなく、アクション全開の作品だ。「セガールより強引で、ステイサムよりセクシー!!」というキャッチコピーが踊る。「ヒロイン版『96時間』」とも書かれていて、彼女は失踪した夫を救出するために闇の組織と戦うのだ。冷静に状況を分析するリーアム・ニーソンとは違い、彼女はもっぱら肉体の強さを武器に敵を追い詰めていく。

(C)2013 ITB Productions, Inc. All Rights Reserved.


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。