第286回:「アルト ターボRS」に歴史あり! ~スズキ“ハイパフォーマンス軽”の系譜をたどる(後編)

2015.03.28 エディターから一言
1988年2月のマイナーチェンジ後の初代「アルトワークス」。
1988年2月のマイナーチェンジ後の初代「アルトワークス」。

2015年3月11日、スズキは、個性的なスタイリングの新型「アルト」をベースとした高性能モデル「アルト ターボRS」を発売した。
スズキにとっては久々のスポーティーな軽であるが、走りにこだわるこうしたモデルは、これまでもたびたび見られたもので、1960年代後半に出た「フロンテSS360」や、その後の「フロンテ クーペ」、歴代「アルトワークス」など、当時話題となったモデルは数多い。

具体的に、過去、どんなホットモデルがあっただろうか? 読者諸兄の記憶には、どのモデルが残っているだろうか? ここで、スズキが世に送り出したハイパフォーマンス軽の変遷を振り返ってみよう。
前編に続いては、1970年代末からの、歩みについて――

 
1979年「アルト」。発売当初はモノグレードで、ウィンドウウォッシャーは手押しポンプ式でラジオもオプション、左側ドアの鍵穴まで省略するなどコストダウンを徹底していた。エンジンは「フロンテ」用を拡大した水冷2ストローク3気筒539ccだったが、81年に4ストローク直3 SOHC 543ccを追加。どちらも最高出力は28psだった。
1979年「アルト」。発売当初はモノグレードで、ウィンドウウォッシャーは手押しポンプ式でラジオもオプション、左側ドアの鍵穴まで省略するなどコストダウンを徹底していた。エンジンは「フロンテ」用を拡大した水冷2ストローク3気筒539ccだったが、81年に4ストローク直3 SOHC 543ccを追加。どちらも最高出力は28psだった。
1983年「セルボターボ」。軽規格改定に合わせて「フロンテ クーペ」を拡大したスペシャルティカーが初代「セルボ」。この2代目は、「フロンテ/アルト」をベースとして82年に登場した。直3 SOHC 543ccエンジンは、ターボ装着により29psから40psに出力が増大している。
1983年「セルボターボ」。軽規格改定に合わせて「フロンテ クーペ」を拡大したスペシャルティカーが初代「セルボ」。この2代目は、「フロンテ/アルト」をベースとして82年に登場した。直3 SOHC 543ccエンジンは、ターボ装着により29psから40psに出力が増大している。

軽ボンバンブームの到来

前編からのつづき
1976年1月に軽規格が改定され、エンジンは360ccから550ccとなり、全長および全幅も拡大された。しかし市場が冷え込んでいたため、各社とも旧規格車を手直しした暫定モデルで対応する状態がしばらく続いた。その状況を打ち破って79年5月にデビューした新規格フルサイズ第1号が、RRからFFに戻った新型フロンテと兄弟車のアルトだった。中でも装備を徹底的に簡素化し、当時の税法では物品税が課せられた乗用車ではなく、非課税だった軽商用車(ライトバン)登録として47万円という低価格を実現したアルトは大ヒット。これを追って各社から続々と商用車登録のモデルが登場し、“軽ボンバン”のブームが巻き起こったのである。

アルトを筆頭に経済的なベーシックカーという本来の立ち位置に戻ったモデルが主流となり、復調した軽市場に再び高性能モデルが登場したのは83年2月のこと。フルライン・ターボ戦略の一環として、三菱が「ミニカアミL」とボンバンの「ミニカエコノ」にターボモデルを加えたのである。続いてダイハツも同年10月に「ミラターボ」を追加。翌11月にはスズキも軽にターボモデルを加えるが、車種はアルトではなくスペシャルティカーの「セルボ」だった。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルトF(FF/5AT)【試乗記】 2015.2.26 試乗記 5段ロボタイズドマニュアル「5AGS」を搭載した新型「スズキ・アルト」のエントリーグレードに試乗。スズキの将来を担う、新世代プラットフォームの実力に触れた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • ホンダN-ONEの低全高モデルに廉価な新グレード 2015.12.18 自動車ニュース ホンダが軽乗用車「N-ONE」に新グレード「G・ローダウン ベーシック」を設定。ほか2グレードより価格を抑えた、低全高モデルのエントリーグレードとなっている。また既存の2グレードについては、ボディーカラーに新たにモノトーンを追加設定した。
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.5.7 試乗記 「久々のターボモデル復活」と、「アルトワークス」を知る世代の人々の注目を集めることとなった「アルト ターボRS」。新時代のホットハッチをロングドライブに連れ出し、その魅力を味わった。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.4.1 試乗記 その出来栄えは、標準車の素性のよさがあればこそ? 64psのターボエンジンを搭載した「スズキ・アルト ターボRS」の実力を試す。
ホームへ戻る