ホンダS660に660台の限定車が登場

2015.03.30 自動車ニュース
「S660コンセプトエディション」
「S660コンセプトエディション」

「ホンダS660」に660台の限定車が登場

本田技研工業は2015年3月30日、軽オープンスポーツカー「S660(エスロクロクマル)」に特別仕様車「CONCEPT EDITION(コンセプトエディション)」を設定し、4月2日に発売すると発表した。価格は6MT仕様、CVT仕様ともに238万円。

6MT仕様のインテリア。シートカラーは運転席側がライトグレー、助手席側がダークグレーとなる。
6MT仕様のインテリア。シートカラーは運転席側がライトグレー、助手席側がダークグレーとなる。
シリアルナンバー(1~660)付きアルミプレート。
シリアルナンバー(1~660)付きアルミプレート。
ボルドーレッドのロールトップ。
ボルドーレッドのロールトップ。

■ショーモデル「S660コンセプト」をモチーフに

今回の特別仕様車はS660の発表、発売に合わせて設定された660台の限定モデルであり、2013年の東京モーターショーに出展された「S660コンセプト」をモチーフにしたという内外装の仕立てが特徴となっている。ボディーカラーは「プレミアムスターホワイト・パール」のみ。シートカラーは、ライトグレーとダークグレーのアシンメトリー(左右非対称)となっている。

具体的な装備の内容は以下の通り。

<エクステリア>
・ボルドーレッドロールトップ
・ツートンカラーサイドミラー
・内部ブラック塗装エキパイフィニッシャー
・はっ水ボディーコート「ウルトラグラスコーティングNEO」
・ドアガラスはっ水ガラスコート

<インテリア>
・アシンメトリーカラースポーツレザーシート(運転席、専用レッドステッチ)
・本革巻きステアリングホイール
・シフトブーツ
・本革巻きMTシフトノブ(シフトパターン刻印はレッド)
・シリアルナンバー(1~660)付きアルミプレート
・センターディスプレイ(internavi POCKET連携対応)

<安全性>
・シティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能*) *=CVT車のみ

(webCG)

→「ホンダS660コンセプトエディション」の詳しい写真(カースコープ)はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • 「ホンダS660 αブルーノレザーエディション」フォトギャラリー 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」に、特別なボディーカラーやインテリアなど“大人の魅力”を加えた特別仕様車「ブルーノレザーエディション」が登場。ジャズブラウンのレザーで飾られたインテリアや、スポーツドライビングを可能にする各種装備、さらに、風を求めて都心から鎌倉の海を目指したドライブの様子を写真で紹介する。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る