ホンダS660に660台の限定車が登場

2015.03.30 自動車ニュース
「S660コンセプトエディション」
「S660コンセプトエディション」

「ホンダS660」に660台の限定車が登場

本田技研工業は2015年3月30日、軽オープンスポーツカー「S660(エスロクロクマル)」に特別仕様車「CONCEPT EDITION(コンセプトエディション)」を設定し、4月2日に発売すると発表した。価格は6MT仕様、CVT仕様ともに238万円。

6MT仕様のインテリア。シートカラーは運転席側がライトグレー、助手席側がダークグレーとなる。
6MT仕様のインテリア。シートカラーは運転席側がライトグレー、助手席側がダークグレーとなる。
シリアルナンバー(1~660)付きアルミプレート。
シリアルナンバー(1~660)付きアルミプレート。
ボルドーレッドのロールトップ。
ボルドーレッドのロールトップ。

■ショーモデル「S660コンセプト」をモチーフに

今回の特別仕様車はS660の発表、発売に合わせて設定された660台の限定モデルであり、2013年の東京モーターショーに出展された「S660コンセプト」をモチーフにしたという内外装の仕立てが特徴となっている。ボディーカラーは「プレミアムスターホワイト・パール」のみ。シートカラーは、ライトグレーとダークグレーのアシンメトリー(左右非対称)となっている。

具体的な装備の内容は以下の通り。

<エクステリア>
・ボルドーレッドロールトップ
・ツートンカラーサイドミラー
・内部ブラック塗装エキパイフィニッシャー
・はっ水ボディーコート「ウルトラグラスコーティングNEO」
・ドアガラスはっ水ガラスコート

<インテリア>
・アシンメトリーカラースポーツレザーシート(運転席、専用レッドステッチ)
・本革巻きステアリングホイール
・シフトブーツ
・本革巻きMTシフトノブ(シフトパターン刻印はレッド)
・シリアルナンバー(1~660)付きアルミプレート
・センターディスプレイ(internavi POCKET連携対応)

<安全性>
・シティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能*) *=CVT車のみ

(webCG)

→「ホンダS660コンセプトエディション」の詳しい写真(カースコープ)はこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S660の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • ホンダS660(無限/モデューロ オプションパーツ装着車) 2015.3.31 画像・写真 無限とモデューロのオプションパーツを装着した「ホンダS660」を写真で紹介。
  • ホンダS660 無限パーツ装着車(MR/6MT)【試乗記】 2015.9.28 試乗記 ホンダの軽スポーツ「S660」用に、無限(M-TEC)が30品目を超えるスペシャルパーツを開発した。今回は、それらのアイテムを装着した、“無限仕様”のS660に試乗。ノーマル車との走りの違いを報告する。
  • ホンダアクセス モデューロ体感試乗会【試乗記】 2015.8.18 試乗記 ホンダ車用の純正カスタマイズアイテムを提供するブランド「Modulo(モデューロ)」。そのパーツを組み込むことで、実際の走りや乗り心地はどのように変化するのか? 「S660」をはじめとする5台のテスト車に試乗して確かめた。
  • ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】 2015.6.1 試乗記 ちまたで話題の「ホンダS660」を、フェラーリマニアとして知られるモータージャーナリスト 清水草一は「これまでなかったスーパーカー」と評価する。その理由は……?
ホームへ戻る