日産、電気自動車のリーフを再度値下げ

2015.03.28 自動車ニュース
「日産リーフ G」
「日産リーフ G」

日産、電気自動車「リーフ」を再度値下げ

日産自動車は2015年3月27日、電気自動車「リーフ」の国内販売価格を改定し、販売を開始した。

「リーフ X エアロスタイル」
「リーフ X エアロスタイル」

今回の価格改定は、2014年3月28日の大幅値下げに次ぐもの。リーフ全グレードについて、さらに一律13万3920円のプライスダウンが実施された。

これに加えて、国の購入補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)最大27万円を利用することで、およそ239万円からの費用で車両を購入できるようになる(「S」グレード、レスオプションで「運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステムレス+SRSカーテンエアバッグシステムレス」を選択した場合)。

グレードごとの価格は以下の通り。

・S:273万8880円
・S エアロスタイル:304万1280円
・X:315万9000円
・X エアロスタイル:346万1400円
・G:354万5640円
・G エアロスタイル:379万4040円

(webCG)

関連キーワード:
リーフ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「日産リーフ」ワールドプレミアイベントの会場から 2017.9.6 画像・写真 日産のEV「リーフ」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、一新されたデザインや400kmにまで延びたという航続距離、さらに先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げた。千葉・幕張メッセで行われたワールドプレミアイベントの様子を写真で紹介する。
  • いよいよ登場! 新型「日産リーフ」
    買いたい人にプロが一言アドバイス
    2017.9.8 デイリーコラム 日産のEV「リーフ」の新型が、2017年9月6日にデビューしました。国内の販売がスタートするのは、10月2日。この2代目の購入を考えている人は、どんなことを意識したらよいのでしょうか? 3人のモータージャーナリストに聞きました。
  • 日産、新型「リーフ」の生産をいよいよスタート 2017.9.19 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月19日、神奈川県の同社追浜工場において、新型「リーフ」のラインオフ式を行った。新型では強化されたパワーユニットや最大400kmの走行を可能にしたとされるバッテリー、先進運転支援システムの搭載など、全方位的な進化を遂げている。
  • 第519回:新型「リーフ」ついに誕生!
    寝ずに待ってた欧州のファンが第一印象を語る
    2017.9.15 マッキナ あらモーダ! 初代をはるかに上回るスペックをひっさげて登場した、2代目「日産リーフ」。その仕上がりを、イタリアやフランスのリーフユーザーはどう評価している? コラムニストの大矢アキオがリポートする。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る