第2戦マレーシアGP決勝結果【F1 2015 速報】

2015.03.29 自動車ニュース

【F1 2015 速報】第2戦マレーシアGP、ベッテルがフェラーリで初優勝

F1世界選手権第2戦マレーシアGP決勝が、2015年3月29日、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキット(5.543km)を56周して行われた。

2週間前の開幕戦オーストラリアGPで、昨年に続くメルセデスの圧勝を見せつけられたGPサーカスは、2戦目にして新たなヒーローの誕生に沸いた。
今季フェラーリに移籍した元王者、セバスチャン・ベッテルが予選2位から優勝。ベッテル自身としては、V4を達成した2013年の最終戦ブラジルGP以来となる通算40勝目、フェラーリにとっては、2013年第5戦スペインGP以来の勝利となった。

メルセデスはフェラーリに完敗。開幕戦ウィナーのルイス・ハミルトンはポールポジションから2位、予選3位のニコ・ロズベルグはその順位のままチェッカードフラッグを受けた。ベッテルとハミルトンのタイム差は最終的に8.5秒だった。

雨の予選で失敗し11番グリッドからスタートしたキミ・ライコネンは、スタート直後の接触で大きくポジションを落とすも挽回し4位でゴール。接触さえなければフェラーリのダブル表彰台も夢ではなかったかもしれない。
ウィリアムズ・メルセデスは、5位バルテリ・ボッタス、6位フェリッペ・マッサでダブル入賞。レース終盤に2台で激しく競い合ったが、ファイナルラップでボッタスがオーバーテイクに成功し勝負は決着した。

トロロッソ・ルノー駆る17歳のルーキー、マックス・フェルスタッペンが7位で自身初入賞。チームメイトで同じく新人のカルロス・サインツJr.は8位でフィニッシュし2戦連続ポイント獲得となった。
トロロッソの“親チーム”レッドブル・ルノーは、ダニール・クビアトが9位、ダニエル・リカルドは10位と、開幕戦に続き苦戦を強いられた。

以下、11位ロメ・グロジャン(ロータス・メルセデス)、12位フェリッペ・ナッサー(ザウバー・フェラーリ)、13位セルジオ・ペレス(フォースインディア・メルセデス)、14位ニコ・ヒュルケンベルグ(フォースインディア)、15位ロベルト・メリ(マノー・マルシャ・フェラーリ)が完走した。
マクラーレン・ホンダは、ジェンソン・バトン、フェルナンド・アロンソともリタイアした。

ドライバーズチャンピオンシップは、1位ハミルトン43点、ベッテルが3点差で2位につけた。3位ロズベルグは33点、4位マッサ20点、5位ライコネン12点というトップ5の顔ぶれとなる。
コンストラクターズランキングでは、首位メルセデス76点、2位フェラーリ52点、3位ウィリアムズ30点、4位ザウバー14点、5位トロロッソ12点が上位に名を連ねている。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。