スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)

軽さは正義 2015.04.01 試乗記 その出来栄えは、標準車の素性のよさがあればこそ? 64psのターボエンジンを搭載した「スズキ・アルト ターボRS」の実力を試す。

“ワークス”ではなく“RS”

クルマをああだこうだ書く仕事を続けていると、ずうずうしくも多少のことでは驚かなくなるものだが、2014年末に登場した新型「アルト」には素面(しらふ)で仰天させられた。
その車重、610kg~700kg。思わず調べてみれば、軽規格が改定される以前、つまり全長3295mm時代のアルトにほぼ等しい。どうなってるんだこれ……と乗ってみれば、ボディーの剛性感などは先代をむしろ上まわっている。足まわりの設定やタイヤの選定でフィーリング的には損している感もあるが、体幹の方は十分にやってくれそうな資質を感じさせてくれた。

こうなるとおのずと期待が高まるのが、その発表時に後々の追加が公言されていたターボモデルの存在だ。うまいこと600kg台の車重でそれが実現するとあらば、軽カテゴリーの競技ベース車としても垂涎(すいぜん)の存在となるだろう。またしても思わず調べてしまったのは、2000年末で生産終了となった「アルトワークス」の車重だ。軽規格改定前のFF/5MTモデルで、その数字は650kg。路上にいながら“マッパで素振り”しているようなあの「軽さ」が21世紀によみがえるのか。参考車の姿をみてキャッキャと盛り上がっていたのは、それを知る僕のようなクルマ好きのオッさんに多かったように思う。

そして正式発表された新型アルトのターボRS。“ワークス”の名で別物感を際立たせることなく、“RS”の名でこのクルマが標準車の延長線上にあることを示している。「スイフト」には「スポーツ」と標準車の間に、サスペンションをスポーティーに味付けした「RS」というグレードがあるが、その流れにのっとったというわけだ。

果たしてこの後に、ワークスが登場するか否かはわからない。が、現在の市場環境を思えば、アルトにターボモデルが追加されただけでも相当なミラクルだというべきだろう。あるいは「ダイハツ・コペン」や「ホンダS660」に対するスズキの回答と思えば、その存在意義はわかりやすい。

いやいや、走り的には別物でしょうという話もあるかもしれないが、専用設計のリスクを背負ってまで両車にガチで当たるつもりなど、スズキにはハナッからないはずだ。そこを割りきって得られたのは、670kgという最終型のアルトワークスを下回る車重だけではない。値札においても驚くほどの軽量化に成功している。

エンジンやボディー、足まわりなど、各部に独自のチューニングが施された「アルト ターボRS」だが、車両重量はFFで670kg、4WDで720kgに抑えられている。
エンジンやボディー、足まわりなど、各部に独自のチューニングが施された「アルト ターボRS」だが、車両重量はFFで670kg、4WDで720kgに抑えられている。
インテリアは黒を基調に、アクセントとして各部に赤を採用。本革巻きのステアリングホイールにはシフトパドルを装備している。
インテリアは黒を基調に、アクセントとして各部に赤を採用。本革巻きのステアリングホイールにはシフトパドルを装備している。
フロントシートは座面のサイドサポートを高め、シートバックボルスター部をより硬くすることで、ホールド性を高めている。
フロントシートは座面のサイドサポートを高め、シートバックボルスター部をより硬くすることで、ホールド性を高めている。
赤いアクセントカラーを除けば、リアシートは基本的に標準車と同じ。一体可倒式で、ヘッドレストが標準装備される。
赤いアクセントカラーを除けば、リアシートは基本的に標準車と同じ。一体可倒式で、ヘッドレストが標準装備される。
ボディーカラーは「パールホワイト」「ブルーイッシュブラックパール3」「ピュアレッド」の3色。ピュアレッドを選択した場合、デカールの色はブラックとなる。
ボディーカラーは「パールホワイト」「ブルーイッシュブラックパール3」「ピュアレッド」の3色。ピュアレッドを選択した場合、デカールの色はブラックとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
ホームへ戻る