スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)

軽さは正義 2015.04.01 試乗記 その出来栄えは、標準車の素性のよさがあればこそ? 64psのターボエンジンを搭載した「スズキ・アルト ターボRS」の実力を試す。

“ワークス”ではなく“RS”

クルマをああだこうだ書く仕事を続けていると、ずうずうしくも多少のことでは驚かなくなるものだが、2014年末に登場した新型「アルト」には素面(しらふ)で仰天させられた。
その車重、610kg~700kg。思わず調べてみれば、軽規格が改定される以前、つまり全長3295mm時代のアルトにほぼ等しい。どうなってるんだこれ……と乗ってみれば、ボディーの剛性感などは先代をむしろ上まわっている。足まわりの設定やタイヤの選定でフィーリング的には損している感もあるが、体幹の方は十分にやってくれそうな資質を感じさせてくれた。

こうなるとおのずと期待が高まるのが、その発表時に後々の追加が公言されていたターボモデルの存在だ。うまいこと600kg台の車重でそれが実現するとあらば、軽カテゴリーの競技ベース車としても垂涎(すいぜん)の存在となるだろう。またしても思わず調べてしまったのは、2000年末で生産終了となった「アルトワークス」の車重だ。軽規格改定前のFF/5MTモデルで、その数字は650kg。路上にいながら“マッパで素振り”しているようなあの「軽さ」が21世紀によみがえるのか。参考車の姿をみてキャッキャと盛り上がっていたのは、それを知る僕のようなクルマ好きのオッさんに多かったように思う。

そして正式発表された新型アルトのターボRS。“ワークス”の名で別物感を際立たせることなく、“RS”の名でこのクルマが標準車の延長線上にあることを示している。「スイフト」には「スポーツ」と標準車の間に、サスペンションをスポーティーに味付けした「RS」というグレードがあるが、その流れにのっとったというわけだ。

果たしてこの後に、ワークスが登場するか否かはわからない。が、現在の市場環境を思えば、アルトにターボモデルが追加されただけでも相当なミラクルだというべきだろう。あるいは「ダイハツ・コペン」や「ホンダS660」に対するスズキの回答と思えば、その存在意義はわかりやすい。

いやいや、走り的には別物でしょうという話もあるかもしれないが、専用設計のリスクを背負ってまで両車にガチで当たるつもりなど、スズキにはハナッからないはずだ。そこを割りきって得られたのは、670kgという最終型のアルトワークスを下回る車重だけではない。値札においても驚くほどの軽量化に成功している。

エンジンやボディー、足まわりなど、各部に独自のチューニングが施された「アルト ターボRS」だが、車両重量はFFで670kg、4WDで720kgに抑えられている。
エンジンやボディー、足まわりなど、各部に独自のチューニングが施された「アルト ターボRS」だが、車両重量はFFで670kg、4WDで720kgに抑えられている。
インテリアは黒を基調に、アクセントとして各部に赤を採用。本革巻きのステアリングホイールにはシフトパドルを装備している。
インテリアは黒を基調に、アクセントとして各部に赤を採用。本革巻きのステアリングホイールにはシフトパドルを装備している。
フロントシートは座面のサイドサポートを高め、シートバックボルスター部をより硬くすることで、ホールド性を高めている。
フロントシートは座面のサイドサポートを高め、シートバックボルスター部をより硬くすることで、ホールド性を高めている。
赤いアクセントカラーを除けば、リアシートは基本的に標準車と同じ。一体可倒式で、ヘッドレストが標準装備される。
赤いアクセントカラーを除けば、リアシートは基本的に標準車と同じ。一体可倒式で、ヘッドレストが標準装備される。
ボディーカラーは「パールホワイト」「ブルーイッシュブラックパール3」「ピュアレッド」の3色。ピュアレッドを選択した場合、デカールの色はブラックとなる。
ボディーカラーは「パールホワイト」「ブルーイッシュブラックパール3」「ピュアレッド」の3色。ピュアレッドを選択した場合、デカールの色はブラックとなる。
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルトF(FF/5AT)【試乗記】 2015.2.26 試乗記 5段ロボタイズドマニュアル「5AGS」を搭載した新型「スズキ・アルト」のエントリーグレードに試乗。スズキの将来を担う、新世代プラットフォームの実力に触れた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • ホンダN-ONEの低全高モデルに廉価な新グレード 2015.12.18 自動車ニュース ホンダが軽乗用車「N-ONE」に新グレード「G・ローダウン ベーシック」を設定。ほか2グレードより価格を抑えた、低全高モデルのエントリーグレードとなっている。また既存の2グレードについては、ボディーカラーに新たにモノトーンを追加設定した。
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.5.7 試乗記 「久々のターボモデル復活」と、「アルトワークス」を知る世代の人々の注目を集めることとなった「アルト ターボRS」。新時代のホットハッチをロングドライブに連れ出し、その魅力を味わった。
  • 第285回:「アルト ターボRS」に歴史あり! ~スズキ“ハイパフォーマンス軽”の系譜をたどる(前編) 2015.3.27 エディターから一言 新型車「アルト ターボRS」へとつながる、スズキの歴代“ホットな軽”を紹介する。
ホームへ戻る