新エンジンのボルボV40クロスカントリー発売

2015.03.31 自動車ニュース

新パワートレイン搭載の「ボルボV40クロスカントリー」発売

ボルボ・カー・ジャパンは2015年3月30日、クロスオーバーモデル「V40クロスカントリー T5 AWD」を200台限定で発売した。

今回発売されたV40クロスカントリー T5 AWDは、最新の2リッター直4ターボエンジンと8段ATを搭載するモデル。2リッター直5ターボエンジンに6段ATを組み合わせた従来モデルとは別に、台数限定でラインナップされる。
新エンジンの最高出力は従来モデル比32psアップの245ps、最大トルクは5.1kgm増しの35.7kgm。燃費(JC08モード)も、12.4km/リッターから14.8km/リッターへと向上している。

インテリアは、チャコール&ブロンドのツートンカラー仕上げとなる本革シートやモダンウッドパネルを装備。音声認識や機能やインターネット接続機能を持つインターフェイス「SENSUS(センサス)」を備えたカーナビや、先進の安全装備・運転支援機能「IntelliSafe10(インテリセーフ・テン)」、「歩行者エアバッグ」なども与えられる。変速用のシフトパドルが備わるのも、セリングポイントのひとつだ。

ボディーカラーは、ブラックサファイヤメタリック、エレクトリックシルバーメタリック、カスピアンブルーメタリック、アイスホワイト、ロウカッパーメタリックの5色展開で、合計200台。価格は439万円。

(webCG)

「ボルボV40クロスカントリー T5 AWD」
「ボルボV40クロスカントリー T5 AWD」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40クロスカントリーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV40クロスカントリー T5 AWD(4WD/8AT)【試乗記】 2015.4.27 試乗記 ボルボのクロスオーバーモデル「V40クロスカントリー T5 AWD」に新たなパワートレインが投入された。その走りは、どう変わったのか? ワインディングロードで試した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】NEW 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
ホームへ戻る