トヨタがヴィッツの特別仕様車を発売

2015.03.31 自動車ニュース
特別仕様車「ヴィッツF“Smart Style”」(1.3リッターFF)。外板色はクールソーダメタリック。
特別仕様車「ヴィッツF“Smart Style”」(1.3リッターFF)。外板色はクールソーダメタリック。

トヨタが「ヴィッツ」の特別仕様車を発売

トヨタ自動車は2015年3月31日、「ヴィッツ」に特別仕様車「F“Smart Style”」を設定すると発表した。発売は4月1日。

特別仕様車「ヴィッツF“Smart Style”」(1.3リッターFF)。外板色はボルドーマイカメタリック。
特別仕様車「ヴィッツF“Smart Style”」(1.3リッターFF)。外板色はボルドーマイカメタリック。
特別仕様車「ヴィッツF“Smart Style”」(1.3リッターFF)のインテリア。
特別仕様車「ヴィッツF“Smart Style”」(1.3リッターFF)のインテリア。
専用のファブリックシート(ブルーブラック&ライトグレー)を採用。
専用のファブリックシート(ブルーブラック&ライトグレー)を採用。

■「おしゃれで上質な室内空間」を演出

ベース車両は「F」グレードの1リッター車(FF)と1.3リッター車(FFと4WD)。外装のアッパーグリルモールとアウトサイドドアハンドルにメッキを施したほか、リアピラーをブラックアウトし、スタイリッシュな印象を与えた。

内装では専用のファブリックシート(ブルーブラック&ライトグレー)を採用したほか、インストゥルメントパネルオーナメントに布目調フィルム(ライトグレー)を、ドアトリムオーナメントに専用のファブリック(ブルーブラック)を装備した。そのうえで、随所にメッキやブラックマイカ塗装を施して、「ブルーブラック&グレーを基調としたおしゃれで上質な室内空間」(トヨタ自動車)を演出した。

さらに、スマートエントリーセット*を標準設定として買い得感を与えた。外板色は全5色(クールソーダメタリック、ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラックマイカ、ボルドーマイカメタリック、ルミナスイエロー)で、価格は133万9495円~160万4585円。

*=スマートエントリー&スタートシステム(スマートキー2本)、エンジンスイッチ・イルミネーテッドエントリーシステム、盗難防止システム(イモビライザーシステム)

(webCG)

関連キーワード:
ヴィッツトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • 「ヴィッツ」「86」などのスポーツコンバージョン車が登場 2017.11.21 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年11月21日、スポーツコンバージョン車「GR」シリーズ4車種を、同年11月27日以降に順次発売すると発表した。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
ホームへ戻る