ホンダ・ジェイド ハイブリッドX(FF/7AT)

これ1台でなんとかなる 2015.04.02 試乗記 3列シートの6人乗り「ホンダ・ジェイド」。「都市発想。」のキャッチコピーで登場した個性派ミニバン(?)の実用性に迫った。

とある金曜の昼過ぎ

「取材は週明けの月曜なんですが、クルマは金曜から借りています。週末お乗りになりますか?」

編集部からそんな連絡を受けたとき、二つ返事で誘いに乗った。たまたまその週末に買い物の予定があり、愛車のハッチバックでは心もとなかったからだ。ただ、ミニバンとはいえ、さほど大きくないジェイドに荷物は収まるだろうか? そんな不安をちょっぴり抱えながら、とある金曜の昼過ぎ、私はジェイドを受け取った。

2015年2月にデビューしたジェイドは、6人乗りの“乗用ハイブリッドミニバン”。ホンダのミニバンといえばすぐに「ステップワゴン」が思い浮かぶが、似ているのは床が低いことくらいで、その性格はかなり違う。全高が1530mmと低めで、リアはスライドドアではなく普通タイプ。ミニバンというより、ちょっと背の高いステーションワゴンである。

さっそく運転席に着くと、なにか落ち着かない。「どうして?」と考えながら運転していたら、すぐにわかった。ダッシュボードが広く、まさにデザインはミニバンスタイルなのに、アイポイントがさほど高くなく、囲まれ感のあるスポーティーな雰囲気のコックピットのおかげで、なにやら不思議な感覚を生み出しているからだ。ダッシュボードのデザインに見慣れてくると、ミニバンを運転しているという感覚は消え去ってしまった。

セダン並みのドライビングポジションを追求したという「ジェイド」のインストゥルメントパネル。
「ハイブリッドX」ではプライムスムースとファブリックのコンビシートが標準で装備される。
2列目にはVスライドキャプテンシートを採用。前後方向に約160mmスライドする。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジェイドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る