トヨタ・パッソに黒い内装の特別仕様車

2015.03.31 自動車ニュース
特別仕様車「パッソ1.0X“Lパッケージ・kiriri”」(オプション装着車)。外板色はグンジョウパールクリスタルシャイン。
特別仕様車「パッソ1.0X“Lパッケージ・kiriri”」(オプション装着車)。外板色はグンジョウパールクリスタルシャイン。

「トヨタ・パッソ」に黒い内装の特別仕様車

トヨタ自動車は2015年3月31日、小型車「パッソ」に特別仕様車「X“Lパッケージ・Kiriri(キリリ)”」を設定した。発売は4月1日。

特別仕様車「パッソ1.0X“L package・kiriri”」外板色はスミレメタリックオパール。
特別仕様車「パッソ1.0X“L package・kiriri”」外板色はスミレメタリックオパール。
ドアハンドルやエアコン吹き出し口のノブなどにメッキが施された。
ドアハンドルやエアコン吹き出し口のノブなどにメッキが施された。
シルバーのパイピングを持つブラックのファブリックシートが装着される。
シルバーのパイピングを持つブラックのファブリックシートが装着される。

■黒い内装で「上品さ」を表現

ベースは「1.0X」グレード。これに“Lパッケージ”の装備に加えたほか、フロントグリルにメッキを施し、内装色を特別色のブラックとし、ジャカード織物のファブリックシート表皮(シルバーパイピング付き)を採用して「上品な印象」(トヨタ自動車)を与えた。

また、インサイドドアハンドルやエアコン吹き出し口のノブ(センターレジスターノブ)などにメッキを施し、マルチリフレクターディスチャージヘッドランプやオート電動格納式リモコンドアミラー、オートエアコン(花粉除去モード付き)を標準設定するなど、利便性を向上させた。

外板色には、特別設定色グンジョウパールクリスタルシャインを含む全11色を設定。価格はFF車が134万182円で、4WD車が148万582円。

(webCG)

関連キーワード:
パッソトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
ホームへ戻る