第290回:ホンダ汎用エンジン搭載製品体験取材会から

2015.04.14 エッセイ
ホンダの汎用エンジンを搭載する作業機。

工事現場で使われている機械はどれも独特の動きをし、子どもがその働く様子を興味深そうに眺めている光景はよく目にする。
私も小さい頃は、学校帰りにわざわざ遠回りしてでも道路工事の現場を見にいっていた。
特に、道路工事で見かける、タタタタタッと地面を踏み固めているあの機械。巨大ロボの足の部分だけが、王貞治の一本足打法みたいにバランスを保ちながら、黙々と地面をたたき続ける様子は、大人になった今でも見入ってしまう。「ランマー」と呼ばれるあの機械を、実際に操縦する機会に恵まれたのでご紹介しよう。

こちらはオーレックの芝刈り機。
乗用芝刈り機「ラビットモア」は、意外なほど乗り心地がよく小回りも利く。
ペットボトルホルダーは熱中症予防のための必需品。
スーパー工業の超高圧洗浄機「SER-1230i」。
コイン洗車場のアレとは比較にならないほどの高圧(30MPa)に仰天。

プロユースではシェア世界一

ご存じの通り、ホンダはオートバイの製造から始まり、その後は世界に名だたる自動車メーカーとして発展。現在ではジェット機の製造まで手がけているが、忘れちゃいけないのが、世界トップクラスの汎用(はんよう)エンジン製造メーカーとしての顔だ。

汎用エンジンとは、その名の通り、クルマやバイクなど専用に設計されたものではなく、芝刈り機や発電機などさまざまな作業機に対応できるように作られたエンジンの事だ。
単純なシェアではアメリカのブリッグス&ストラットンに首位を譲るが、家庭用芝刈り機などを除いたプロユースの機械向け汎用エンジンでは、ホンダが世界一のシェアを誇る。

その汎用エンジンを使用した作業機のメディア向け体験試乗(?)会が、栃木県のツインリンクもてぎ内「森の自然体験ミュージアム ハローウッズ」で開かれた。

ツインリンクもてぎはホンダの子会社が所有するサーキットで、里山の自然を気軽に楽しめる森の自然体験ミュージアム ハローウッズでは、森林の管理などにさまざまなホンダ汎用エンジンを搭載した作業機が実際に使われている。つまり、ホンダ汎用エンジンの働きぶりを体験するにはもってこいのシチュエーションというわけである。

今回の体験会は、ホンダが汎用エンジンを提供するオーレック、関東農機、スーパー工業、三笠産業の4社が参加。各社が自慢の作業機を持ち込み、われわれに体験させてくれるという趣向だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ