第18回:ブランドを象徴する一台の乗り味とは?
輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~

2015.04.03 JAIA輸入車試乗会2015
 

試乗車の価格帯もいよいよ4ケタ万円台に突入。各ブランドを象徴するスポーツカーやプレミアムセダンは、いったいどんな走りを披露してくれるのか?

テスラ・モデルS P85
テスラ・モデルS P85
 
第18回:ブランドを象徴する一台の乗り味とは?輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~の画像
 
第18回:ブランドを象徴する一台の乗り味とは?輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~の画像
 
第18回:ブランドを象徴する一台の乗り味とは?輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~の画像

支持されて当然
テスラ・モデルS P85……1018万円

なにかと話題のEVだけれど、カタチは割とフツーな感じ。ドアを開け、インテリアをパッと見て、特に風変わりな点はないかな……と安心しかけたところで、センターコンソールの特大画面にギョッとする。サイズはなんと17インチ。実測、36×22センチ。シックなデザインの室内で、存在感がありすぎる!

恐る恐る触れてみれば、役割の大きさが理解できる。カーナビやエアコンのみならず、走りに関わる車両設定、ライトのオン/オフ、サンルーフの開閉などなど……通常はボタン/スイッチで行うあらゆることが、タッチパネル経由なのだ。だから、車内にボタンが無いのか。やっぱ、そうこなくっちゃ! 未来派EVの面目躍如である。

純粋に4ドアセダンとして見ても、感心することはたくさんある。大柄だからキャビンが広いのは当然だとしても、エンジンを持たないおかげで、前:150リッター、後ろ:745リッターと、荷物のスペースもたっぷり。運転席と助手席の間にはバッグを置くスペースまであって、女性にもウケそうだ。

踏めば、0-100km/hは4.4秒。ポルシェ並みの俊足である。しかし、こちらは電気自動車。風切り音が気になるほどの静粛性は、多くの高級サルーンが嫉妬する長所だと思う。
航続距離が弱点とされるEVとあって、メーカーは「満充電で500km“も”走れる」ことを強調する。でも、それ以上にインパクトがあるのは、その500kmにかかる電気代が1000~1200円程度という点だろう。

いまや、テスラの累計販売台数は5万台以上。その95%以上をこのモデルSが占めている。1000万円もするEVなのに……。後々、1号機の「テスラ・ロードスター」以上に記憶されるクルマなのかもしれない。見た目はフツーっぽいけど。

(文=webCG 関/写真=田村 弥)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • 第62回:謎の快音マフラーふたたび(その1) 2017.10.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第62回は「謎の快音マフラーふたたび(その1)」。暑い夏を前に、いったん休んでいたフェラーリ話が復活! 筆者が“赤い玉号”に用意した、新たな戦闘力とは? マフラー作りに賭けるあの工房を訪ねる。  
ホームへ戻る