「水野和敏的視点」 vol.94 フェラーリ458スペチアーレ(後編)

2015.04.03 mobileCG
 
「水野和敏的視点」 vol.94 フェラーリ458スペチアーレ(後編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.94 フェラーリ458スペチアーレ(後編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏。そんな氏が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くすのが『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回も引き続き、「フェラーリ458」シリーズの究極形「458スペチアーレ」に試乗する。

 
「水野和敏的視点」 vol.94 フェラーリ458スペチアーレ(後編)の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.94 フェラーリ458スペチアーレ(後編)の画像
フェラーリ458スペチアーレ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4571×1951×1203mm/ホイールベース:2650mm/車重:1290kg/駆動方式:MR/エンジン:4.5リッターV8 DOHC 32バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:605ps/9000rpm/最大トルク:55.1kgm/6000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 (後)305/30ZR20/価格:3390万円
フェラーリ458スペチアーレ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4571×1951×1203mm/ホイールベース:2650mm/車重:1290kg/駆動方式:MR/エンジン:4.5リッターV8 DOHC 32バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:605ps/9000rpm/最大トルク:55.1kgm/6000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 (後)305/30ZR20/価格:3390万円

■このエンジンは素晴らしい!

前回に続き、フェラーリ458スペチアーレをテストします。ノーマル458の4.5リッターV8を徹底的にチューンし、最高出力を570psから605psに引き上げた、その名の通りスペシャルな458です

スペチアーレをドライブすると、すぐに「あ、これはいいな!」と思いました。新しい世代の“燃やし方”だと感じたのです。リッター当たり134psを絞り出すスペチアーレの8気筒は、圧縮比を12.5から14.1に上げています。パワーはもちろん、燃費も意識したのでしょう。キレイに燃えて、レスポンスもいい。

ひと昔前のフェラーリのエンジンは、燃料をたくさん吹いて、ちょっと“湿って”いて、反応もダランとしているけれど、「大排気量の音」でドライバーを楽しませているところがありました。

ところが、458スペチアーレは違いますね。リーンでキレイに燃えて、“乾いて”います。薄い混合気を高い比率で圧縮して、点火時期も早めに設定している。だから、レスポンスがすごくよくなっています。高回転域の伸びがいい。これはクレバーな進化ですね。燃費のいいF1エンジンの技術が生かされている、そう言っていいんじゃないでしょうか。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
458スペチアーレ  フェラーリ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
ホームへ戻る