第96回:田舎のチンピラはGT-Rで絶対親孝行!
『ジヌよさらば~かむろば村へ~』

2015.04.03 エッセイ

松田龍平が演じるのは挫折した大和田常務

昨年紹介したインドネシア映画『ザ・レイド GOKUDO』で、松田龍平は若手のヤクザを演じていた。罪悪感というものが一切なく、人殺しに何のためらいも見せない凶暴な男である。普通のビジネスマンのようなビジュアルなのに、中身は残忍非道なのだ。ギャップがあるからこそ、恐ろしさも増す。彼には草食系で無害なイメージがあるから、ピッタリの配役だった。

ひょうひょうとしたキャラクターを確立したのは、NHKのテレビ小説『あまちゃん』での水口琢磨役だろう。琥珀(こはく)磨きの勉さんの弟子と見せかけて実は芸能プロダクションのスカウトマンという設定のミズタクは、腐女子から爆発的な支持を得た。勉さんとミズタクを主人公としたBL作品が多く作られたほどである。龍平はその後『舟を編む』でマジメだけが取りえの童貞青年を圧倒的なリアリティーで演じ、ヘタレ演技の評価を高めていったのである。

『ジヌよさらば~かむろば村へ~』でも、彼は心優しく傷つきやすい青年を演じる。東京で銀行員だったタケは、仕事で遭遇した出来事が原因で“お金恐怖症”になってしまう。お金を見ると発作を起こして気を失うという症状なのだ。後で明かされるのだが、彼は融資担当として貸しはがしのような業務を行っていたらしい。追い込まれた零細工場のおやじが首をくくるという場面にも遭遇する。『半沢直樹』で若き日の大和田常務が同じ経験をしていた。香川照之なら何も気にせずに出世の道を上っていけるのだが、松田龍平なのだから心を病むのは必然だ。

©2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむろば村へ~』製作委員会


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。