ロータス・エキシージSロードスター(MR/6AT)

純粋に走りを楽しむために 2015.04.08 試乗記 ロータス一族の中でも特にスパルタンな「エキシージS」に、6段AT仕様が登場。硬派なハンドリングマシンとナンパな(?)自動変速機の相性を試す。

エキシージSよ、お前もか

「エリーゼ」のスモールプラットフォームをベースに前後のトレッドを可能なかぎり広げ、リアに新規のサブフレームを追加して、350psを発生する3.5リッターV6スーパーチャージャーエンジンを搭載した、アルミバスタブ世代のトップパフォーマンスモデル。それがロータスにおける、エキシージSというスポーツカーである。

同じユニットを搭載する「エヴォーラ」は、一回り大きなラージプラットフォームを採用することから、ディメンションも全長×全幅×全高=4380×1850×1230mmとエキシージS(4080×1800×1130mm)に比べ一回り大きく、車重も1440kgと260kgも重い(クーペの6MT仕様で比較)。その性格はサスペンションのセッティングも含め、しっとりと大人びている(とはいってもロータス一族にあっては、という意味だが)。何が言いたいのかというと、ようするにエキシージSは、ロータスの中でも生粋のレーシングスポーツという明確な立ち位置を持っているということだ。

そんな硬派なロータスに、ナンパを装うオートマチックモデルが登場した。
この知らせを聞いたロータスマニアは、さぞガッカリしたのではないだろうか?
何を大げさな。たかだかATが登場しただけじゃないか。もちろんそう思う人もいるだろう。いや世の中的には、特に若者の間では“熱くなる”のはダサいことで、スポーツカーの仕様に目くじら立てるのはキモいことのはずだから、「そう思う人が大多数」といった方が正しいか。スポーツカーなんて、速くてカッコよければいいじゃん。

だったらオマエはどうなのさ? と問われれば、ガキには悪いがオジサンはキッパリ前者、熱くなっちゃう方である。大体においてロータスなんてのは、好き者が乗るクルマ以外の何者でもない。熱量に差こそあれ、スポーツカーに熱くなれないのならば、乗らなくていい。
なら今度のATには反対なのかといえば、そうではない。むしろ大賛成! そのわけをこれからお話ししようと思う。

「エキシージSロードスター」のインテリア。写真では見づらいが、オプションの「コンビニエンスパック」装着車には、インストゥルメントパネルの中央にカップホルダーが装備される。
「エキシージSロードスター」のインテリア。写真では見づらいが、オプションの「コンビニエンスパック」装着車には、インストゥルメントパネルの中央にカップホルダーが装備される。
オプションで用意される「プレミアムパック」のレザーシート。このオプションパッケージを選択すると、ドアなどにもレザーのトリムが施される。
オプションで用意される「プレミアムパック」のレザーシート。このオプションパッケージを選択すると、ドアなどにもレザーのトリムが施される。
イートン製のスーパーチャージャーを搭載した3.5リッターV6エンジン。最高出力350ps、最大トルク40.8kgmを発生する。
イートン製のスーパーチャージャーを搭載した3.5リッターV6エンジン。最高出力350ps、最大トルク40.8kgmを発生する。
ルーフは脱着式。巻き取り式のソフトトップに加え、オプションでボディー同色のハードトップも用意されている。
ルーフは脱着式。巻き取り式のソフトトップに加え、オプションでボディー同色のハードトップも用意されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エキシージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る