ロータス・エキシージSロードスター(MR/6AT)

純粋に走りを楽しむために 2015.04.08 試乗記 ロータス一族の中でも特にスパルタンな「エキシージS」に、6段AT仕様が登場。硬派なハンドリングマシンとナンパな(?)自動変速機の相性を試す。

エキシージSよ、お前もか

「エリーゼ」のスモールプラットフォームをベースに前後のトレッドを可能なかぎり広げ、リアに新規のサブフレームを追加して、350psを発生する3.5リッターV6スーパーチャージャーエンジンを搭載した、アルミバスタブ世代のトップパフォーマンスモデル。それがロータスにおける、エキシージSというスポーツカーである。

同じユニットを搭載する「エヴォーラ」は、一回り大きなラージプラットフォームを採用することから、ディメンションも全長×全幅×全高=4380×1850×1230mmとエキシージS(4080×1800×1130mm)に比べ一回り大きく、車重も1440kgと260kgも重い(クーペの6MT仕様で比較)。その性格はサスペンションのセッティングも含め、しっとりと大人びている(とはいってもロータス一族にあっては、という意味だが)。何が言いたいのかというと、ようするにエキシージSは、ロータスの中でも生粋のレーシングスポーツという明確な立ち位置を持っているということだ。

そんな硬派なロータスに、ナンパを装うオートマチックモデルが登場した。
この知らせを聞いたロータスマニアは、さぞガッカリしたのではないだろうか?
何を大げさな。たかだかATが登場しただけじゃないか。もちろんそう思う人もいるだろう。いや世の中的には、特に若者の間では“熱くなる”のはダサいことで、スポーツカーの仕様に目くじら立てるのはキモいことのはずだから、「そう思う人が大多数」といった方が正しいか。スポーツカーなんて、速くてカッコよければいいじゃん。

だったらオマエはどうなのさ? と問われれば、ガキには悪いがオジサンはキッパリ前者、熱くなっちゃう方である。大体においてロータスなんてのは、好き者が乗るクルマ以外の何者でもない。熱量に差こそあれ、スポーツカーに熱くなれないのならば、乗らなくていい。
なら今度のATには反対なのかといえば、そうではない。むしろ大賛成! そのわけをこれからお話ししようと思う。

「エキシージSロードスター」のインテリア。写真では見づらいが、オプションの「コンビニエンスパック」装着車には、インストゥルメントパネルの中央にカップホルダーが装備される。
「エキシージSロードスター」のインテリア。写真では見づらいが、オプションの「コンビニエンスパック」装着車には、インストゥルメントパネルの中央にカップホルダーが装備される。
オプションで用意される「プレミアムパック」のレザーシート。このオプションパッケージを選択すると、ドアなどにもレザーのトリムが施される。
オプションで用意される「プレミアムパック」のレザーシート。このオプションパッケージを選択すると、ドアなどにもレザーのトリムが施される。
イートン製のスーパーチャージャーを搭載した3.5リッターV6エンジン。最高出力350ps、最大トルク40.8kgmを発生する。
イートン製のスーパーチャージャーを搭載した3.5リッターV6エンジン。最高出力350ps、最大トルク40.8kgmを発生する。
ルーフは脱着式。巻き取り式のソフトトップに加え、オプションでボディー同色のハードトップも用意されている。
ルーフは脱着式。巻き取り式のソフトトップに加え、オプションでボディー同色のハードトップも用意されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エキシージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る